緊急石油輸送

僕の名前は、タンク車のター坊(タキ1000系)。
仲間は全国に1000人(両)もいて、毎日、製油所から地方の油槽所へ石油を運んでいる。

P1070871.jpg

僕の家は、根岸駅に隣り合うJXさんの構内。
お仕事に出るときと帰ってきたときは、根岸線の電車の横に並ぶ。

6年半前、東北で大きな地震があったよね。
その1週間後にあった僕らの大冒険のお話をしよう。


P1070838.jpg

地震で仙台の製油所が壊れて、福島や宮城の皆さんは石油に困った。
そこで、僕ら根岸の仲間が石油を届けにいくことになったのだ。
でも、途中の鉄道が壊れていたので新潟や青森を回って届けることになった。


P1070869.jpg

3月18日、いつもより石油を少し減らしておなかに詰め込んだ。
おなか一杯に詰め込むと、途中の線路が悲鳴をあげるからだ。

P1070732.jpg

僕たちを引っ張っるのは、いつもの桃太郎おじさん(EF210系)やブルーサンダーおじさん(EH200系)。
それだけでは足りないので、他からも機関車さんたちが助けに来た


P1070653.jpg

P1070709.jpg

いよいよ出発。盛岡まで1030km、こんな長い旅をしたことがない。
運転手さんも初めて走る線路だし、地震の影響も心配だ。
根岸線に入るポイントを切り替えてくれるおじさんも緊張気味。

P1070711.jpg

僕たちは20人(両)がつながって盛岡を目指す。
石川町駅を轟音とともに通り過ぎる。


P1070719.jpg

可愛い女の子も心配そうに見送ってくれる。
でも、今日はわき目をふらずに走らねば・・・

P1070723_2017091213590317b.jpg

桜木町駅の手前でいつものように大岡川にかかる鉄橋をわたる。
桜木町の先で地下の貨物線に入る。
上越線、羽越線、奥羽本線、青い森鉄道などを経て盛岡に着いたのは翌日。


P1070853_20170912140042162.jpg

磐越西線を使う郡山ルートは3月25日から始まった。
こちらは非電化区間があるので新潟からはディーゼル機関車のデーデおじさん(DD51系)たちが引っ張ってくれた。
山坂道なので僕たちは半分に分けられ、しかもデーデおじさん二人がかりで引いてもらう。


P1070784_20170912125712572.jpg

それでも、雪の峠で車輪がスリップして走れなくなってしまった。
そこで、会津若松からイトおじさん(DE10系)がやってきて、後ろを押してくれた。
(写真:タキを押すDE10。雪に見えたらうれしい)

P1070868.jpg

郡山に無事到着。
福島の皆さんが出迎えに来てくれていた。
僕らはやり遂げたのだ。みんなの力を合わせて。


P1070785.jpg

この出来事は新聞にも載った。
斜陽といわれる鉄道貨物がその力量・価値を発揮させた。

すとうあさえ(文)・鈴木まもる(絵)「はしれディーゼルきかんしゃデーデ」をコピーさせていただいた。

小千谷縮の帽子

先週、まだ暑い日が続くと思い、夏用の帽子(ハンチング)を買った。
とっても軽く、手触りが涼やかなのが気に入った。

P1070825_2017090323331829c.jpg

自宅に帰ってからタグを見たら小千谷縮とある。
「北越雪譜」の中で「雪中に糸をなし、雪中に織り・・・」と紹介され、高級和服の生地として有名な織物だ。

P1070806.jpg

帽子を買った数日前、川端康成の「雪国」を読んでいた。
昭和39年発行の角川文庫で、定価八拾圓とある。
越後湯沢を舞台に、主人公の島村と芸者・駒子との情交?を抒情的に描いた小説。

P1070826.jpg

その最終章に「雪のなかで糸をつくり、雪のなかで織り、雪の水にあらひ、雪の上に晒す。績み始めてから織り終わるまで、すべては雪のなかであった。雪ありて縮あり。雪は縮の親というべしと、昔の人も本に書いている。」の一文がある。
北越雪譜を引用しながら、小千谷縮を紹介しているのだ。


P1070831.jpg

島村は汽車に乗って縮の産地(当然、小千谷)を訪ねている。
また、自らも縮を持っていて、手入れの一つとして雪晒しに出すとも書かれている。
私も、この縮の帽子を大切にしよう。電車の中に忘れないようにも。(→過去のブログ


蛇足です。
昭和42年の夏、小説を読んでいた興味から、上信越バイクツーリングの途中、「雪国」の記念碑に立ち寄っている。
小説の冒頭の一節が、康成の自筆で刻まれている。(写真:昭和42年8月)
当時、記念碑の周りは殺風景だったが、現在はかなり変わっているようだ。

PICT0288.jpg

なかい里都カフェ

中井の畑から車で5分の所に中井中央公園がある。
運動場や子供広場があり、中でもローラースライダーは県下最長級。
その公園内に6月、なかい里都(さと)カフェがオープンした。(〇印

P1070801_201708272223530c0.jpg

国の地方創生加速化交付金(10分の10)を利用した建物。3800万円也。
地域の賑わいづくり、活性化を目指すものだろう。
建物の内外に木をふんだんに使っている。


P1070796.jpg

高い天井と窓ガラスで、自然光がいっぱい取り込まれている。
テーブル類はイギリスのアンティークものらしい。


P1070789.jpg

町内産?の手作り品が並ぶ奥にはキッズルームも。
床はコルクなので、寝転んでも気持ちよさそうで清潔感もある。

P1070790.jpg

テラスにはテーブル席もある。
前はパークゴルフ場となっていて、季節によっては気持ちよさそう。

P1070793.jpg

土、日曜日限定でランチをやっている。
お決まりのカレー、スパゲティ、ハンバーグの3種類。各500円。
でもこのハンバーグ、手ごねだとかで、そこそこいける。

P1070792.jpg

飲み物はコンビニと同じセルフ方式。
コンビニの100円と比べると280円はちと高いが、セットなら150円。


P1070788.jpg

きょう一日限定の「蓮の実おにぎり」。
町内にある蓮池の里(→過去のブログ)産の蓮の実が入っている。


P1070791.jpg

甘いのが苦手な人でも食べられるというジンジャージェラート。
中井のジンジャー(生姜)を使って曽我(小田原市)で作ったもの。
残念ながら売り切れ。

P1070795.jpg

そこで隣にある直売所で新ショウガを購入した。
うちのシェフに、甘酢漬けにしてもらおうと。


P1070800_20170827221757144.jpg

40数年前、中井に住み着いたときのお話し。
①隣町の伯母に挨拶に行ったら、「お前、中井は電気が行ってないだろう」と。
②組長さんから、「転入届には区長のハンコが必要だから、一升瓶をもって区長さんの家に行ってください」と。
③数年後、役場に戸籍を取りに行ったら、職員が何も見ずに「あなたの戸籍は町にありません」。横浜に置いてきたままだった。

インベーダー植物

一週間ほど前から団地内の各所に白いユリが咲き出した。
初めて目にしたのは十年ほど前で、テッポウユリだと思っていた。
ところが、タカサゴユリという台湾からの外来種だった。

P1070699.jpg

現在は、宮城県以南の全国各地に勢力を伸ばしている。
写真は、西湘バイパスの大磯出口だが、こうした道路わきで目につく。
花がきれいなので、住宅の庭で大切に育てられたりもする。


P1070760.jpg

日本原産のテッポウユリとはすでに交雑したものが広まっている。
交雑したものには花弁の薄紫色のラインがない。
(写真は、交雑してないタカサゴユリ)


P1070744.jpg

一方、春の道路沿いはオオキンケイギクの黄色の花が目立つ。
写真は、東名高速の側道(今年の5月、大井町)だが実に綺麗。
アメリカ原産で、1880年代に観賞用として日本に来たもの。


P1070266.jpg

河床を覆いつくしてしまったつる性のアレチウリ。
大豆に交じって、その種は日本にやって来たとのこと。


P1070762.jpg

P1070764.jpg

厳島湿性公園(→過去のブログ)の水面を侵略しつつあるオオフサモ。

P1070771.jpg

四葉のクローバーのように見える貴重種のデンジソウ(葉が”田”の字に見える)がオオフサモの陰で青息吐息。

P1070769.jpg

ハンゴンソウという日本在来種がある(写真:山と渓谷社「日本の花」から)が、明治期に北アメリカから観賞用で入ってきたのがオオハンゴンソウ。
冷涼な土地で群落化しやすく、箱根では人力で駆除活動を行っている。

P1070776_20170821210429b67.jpg

その花は、園芸種のエキナセアの花(下の写真)を黄色くした感じ。

TV映画「北の国から」で、妻子ある男の子供を身ごもって富良野に戻ってきた蛍ちゃんに、幼馴染の正吉がプロポーズしたときに贈った花がオオハンゴンソウ。
百万本のバラは買えないが、北海道の原野にいくらでもあるこの花を毎日刈りとって、彼女のもとに届けた。
蛍ちゃんの部屋は身動きできないほど、黄色の花で埋め尽くされた。


P1080614.jpg

タカサゴユリ以外のオオキンケイギク、アレチウリ、オオフサモ、オオハンゴンソウは植えたり、譲ったりしてはいけない特定外来生物(→過去のブログ)に指定されている。
これらの植物は例の蟻のような人体への直接の害はないが、日本の生態系を徐々に破壊していく。

正吉がオオハンゴンソウを贈るシーンはこのドラマのベストシーンの一つ。

(訂正、8月22日)ルドベキアをエキナセアに訂正しました。

スリーペンギンズコーヒー&ロースター

掘割川(→過去のブログ)を挟んだ地域に「疎開道路」がある。
終戦間際、空襲火災に備えて建物を強制的に取り壊して作った道路。
国内各地で作られたが、その名称が残っているのはここだけ。

P1100230.jpg

ここに疎開道路(赤線)が設けられた理由は、
建物密集地域だったことと、川に沿う国道16号(黄色線)が軍港のある横須賀に向かう重要道路だったため。
坂下疎開道路に面してスリーペンギンズコーヒー&ロースター(印)がある。

P1070745_2017081617434516f.jpg

店構えは”控えめ”である。
ブラインドが下りているが、はて今日は休みか?
いや、雨でお客がなさそうなので2時から開けようとしていたと。

P1070739_20170816175316513.jpg

よかった。しばし、準備が整うまで中で待たせてもらう。
いろいろな古時計やらおしゃれな家具で落ち着いた雰囲気。

P1070735.jpg

ドアー越しに見える景色は、あたかも昔のガラス戸越しのよう。
ガラス選び一つに店主のこだわりが見て取れる。

P1070736.jpg

青紫のトルコギキョウが上品さを漂わす。
ディスカウントのカフェではこうはいかない。


P1070737.jpg

リクエストを聞かれたので、軽めの豆でペーパードリップを所望。
昼食代わりにドーナツも注文。
こちらは硬めに揚げられていて、適度な甘さ。癖になりそうな旨さ。


P1070734.jpg

昨晩取材を予定していた大岡川の灯篭流しは雨で中止。
かわりに、戦争遺産である疎開道路沿いに素敵なカフェを見つけた。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック