清のちぎり絵

私の机の上に、中学生の時の作品が置かれている。
画才がないので、画家の作品を模写してちぎり絵にしたもの。
ルノアールとかルソーといった有名画家ではなかった。


P1090820-001.jpg

ちぎり絵といえば、山下清。
その清君の作品が横浜にあることを最近知った。
しかも、永年勤めた職場の近く、山下公園に面して立つ・・・

P1090796-004.jpg

そう、あのマリンタワーの中にあるという。
タワーは昭和36年(1961年)、開港100周年を記念して建てられた。
清君の作品が当時からあったとは、迂闊だった。


P1090804-009.jpg

高さ106メートル。当時はびっくりしたものだった。
現在は灯台機能は廃止され、ランプが一階ロビーに展示されている。
その両脇の壁全面が「横浜の今昔」と題された清の作品。観覧は無料。


P1090699-009.jpg

こちらは「昔」、横浜開港当時を描いたもの。
大桟橋から山下公園方面を見たもので、お得意の花火が夜空を飾る。
ガラスタイル製。張り付けたのはアルバイト学生とのこと。

P1090697-007.jpg

もう一方が「今」。
大桟橋に停泊する船が2隻。のびやかな絵だ。


P1090695-005.jpg

それぞれの絵と同じ構図を・・・と思い、
まず、「昔」・・・水上警察署があって、旨いアングルがない。

P1090807-010.jpg

「今」の構図では、大桟橋の奥にシルクセンターや税関を配置。
本来なら、背景は大黒ふ頭方面。清君は現実を無視して描いた。
止むをえず、大桟橋に停泊する飛鳥Ⅱの雄姿で・・・。


P1090711-021.jpg

この先やりたいことの一つがちぎり絵。
清君にはかなわなくとも、コツコツと。
新聞の折り込み広告からいろいろな色を集めることからでも始めるか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちぎり絵

山下画伯の絵 私も見てみたいと思っているのですが
家を離れられない私には 少し無理があるようです
模写とはいえ素晴らしいちぎり絵です
出来上がったものから順次 ブログで発表してください
楽しみにしています (^.^)

Re: ちぎり絵

yukiさん、清君は全国を放浪したので、当地にもあるのでは?

模写のもとになる作品名を知りたいのですが・・・
ちぎり絵は、下手でもそれなりに見栄えするものです。
時間はかかりますが。でも、時間は一杯あります。
出来上がったらブログで紹介しましょう。

No title

マリンタワーに行ったのは、はていつの頃だったか、全く覚えておりません。それぐらい行っておりません。
山下清の絵があるのですか、知りませんでした。
今後のちぎり絵の発表、楽しみにしております。

Re: No title

メイの家さん、MMの陰になって、マリンタワーは忘れられたような存在になってしまいました。
清君のこの原画はどこにあるのか、見てみたいと思います。
今後のちぎり絵、いつのことになるかわかりませんが・・・。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック