有名人のお墓

お彼岸を過ぎて、妻の父の墓参りに行った。
片道、車で2時間。お彼岸なら3時間にも。


東京都府中市と小金井市にまたがる都立多磨霊園である。
大正12年開設で、面積128万平米の我が国最初の公園墓地。


P1090327-015.jpg

墓の間にも緑が多い。
30年ほど前、小さなサツキの苗を植えたのがここまで育った。
でも、5月の開花時期には来たことがない。

P1090308.jpg

これほどの墓地なので有名人の墓も多い。
すぐ近くには、洋画家の梅原龍三郎。
コンクリート製。見慣れた字体である。


P1090324-012.jpg

ジャーナリストの徳富蘇峰(蘆花は弟)。
自然石に「百敗院泡沫頑蘇居士」と洒脱な院号を刻ませた。
畑の近く、二宮町に蘇峰記念館があり、梅や牡丹の時期がきれいだ。


P1090318-007.jpg

見落としてしまいそうな女優・アナウンサーの岡田嘉子さん。
ロシア亡命はじめ、数々の人生遍歴でも知られる。
左の墓名は○本家。間借りするように、花もなくひっそりと。

P1090313-004.jpg

1972年に35年ぶりに帰国。その翌年、「悔いなき命をひとすじに」。
76年、寅さん映画に出演。宇野重吉の昔の恋人役で、
「人生って後悔がつきものだと思うの。ああすればよかったなという後悔、もう一つはなんであんなことをしたんだろうという後悔・・・」


P1090314-005.jpg

最近、あの時もっと優しく接してあげたらよかったのにと、後悔すること頻りの私。
出来ることなら、時間よ戻れ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

岡田嘉子

僕は名前を聞いたことがある程度なのですが、写真を検索するとクオーターの善いところが引き立つ美しい方だとわかります。でも、ソビエトで亡くなったと書かれていますが、遺骨は帰国されていたのですね。合唱。。。

時間よ戻れ・・・ もし戻すことができるなら、ぜひ僕も連れて行ってください。半世紀生きて、過ぎた時間の大切さが身に沁みるようになりました。

後悔

後悔の数だけには、人に負けない自信があります。
あーすれぱよかった、こーしておけばよかった・・・・。
もう一回やり直したい気持ちが半分、でも、つらいことも多くとてもやり直す気にもならない等気持ちが半分です。
残されている時間も少なくなってきましたので、これからは悔いの無いよう生きようと心掛けてはいるものの・・・・・・。

Re: 岡田嘉子

となりのじろろさん、寅さん映画出演の時は74歳でした。
でも、美しく老いています。アラ60が観ても、ほれぼれします。
最後は向うでした。日本に居場所はなかったようですよ。
遺骨は、分骨なのか、日本だけなのか。
一人息子さんの子供(女性)が日本にいられるようです。

そうですね、物知り博士のじろろさんとなら楽しい時間が過ごせそうです。
一緒に行きましょうよ。
その前に、あと10年くらい、もう少し現代で頑張ってみましょうよ。

Re: 後悔

メイの家さん、最近思うのです。
いくら後悔しないようにこの先頑張ったところで、まだ後悔するようなことをしてしまうでしょう、と。
そこで、これまでの後悔のすべてを書き出してみようかと。
現役時代にも考えていたことでしたが、その頃はとっても・・・。
今ならできる。
何百になるか分かりませんが。
そして最後は、お棺に入れてもらおうかなと。
本当は、一人一人に懺悔の手紙なり、会って謝りたいのですが。

後悔

後悔のない人生を送っている人っていないんじゃないでしょうか
みんな口に出さないだけで それぞれに後悔しているんですよね
だからこの先どう生きようかって思っているんです
いつ死んでもいいようにだけはしてしておかなきゃね (^-^;

Re: 後悔

yukiさん、本当に後悔の繰り返しですね。
それがあって人間進歩もあるのでしょうか。
いつ死んでもいいように・・・悔いのない余生の送り方、考えるこの頃です。

ぼちぼち…

○ 墓地に行くと、様々なことを思い出しながら、世相へんと、思いは際限なく広がります。
○ 実は、住まいの近くで墓地建設が勃発し、住民が一斉に反発、大きな運動体に発展しています。しかし、前途は容易ではありません。今日のような葬儀や火葬の習慣は極々最近のこと、宗教の有り方にも甚だ疑問があります。

Re: ぼちぼち…

賢ちゃん、ぼちぼちとやってる場合ではないんですね。
どうしてもお彼岸渋滞は起こるでしょう。
緑も少ないでしょうし。
うちでも都市型霊園を購入した口なので、あまり偉いことは言えませんが。


プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック