父と農の里へ

父を初めて農の里に連れて行った。

お借りしている丸一山荘の前を歩く。
そこかしこで道が整備されているのにびっくりしていた。


P1080339-002.jpg

朝、農の里を見下ろす高台に父を車で連れて行った。
田植えが済んで八ヶ岳がきれいに写り込んでいた。


P1080349-010.jpg

帰りがけに中沢の畑をトラクターで耕した。
8年前、丸一山荘の亡くなった主人と復元した畑である。
このまま荒れ地に戻ってしまうのは忍びがたい。

P1080359-016.jpg

三菱製、製造年不明、1600ccのマイトラクター。
昨年張り替えた赤いシートがやけにまぶしい。


P1080354-014.jpg

帰りすがら、清里に回った。
清里駅前には先日横浜を走ったC56の仲間が保存されている。
実際に小海線を走っていた149号機で、三菱製。


P1080362-019.jpg

もちろんお決まりの清泉寮でソフトクリーム。
暑い日だけに94歳も喜んで食べた。


P1080369-026.jpg

昼食は、これもお決まりコースで「おいしい学校」へ。
父は麺類。私は、元学校だけに定番の給食定食。
サーモンのチラシ御飯が美味しかった。


P1080371-028.jpg

初日の雨と打って変わって、翌日晴れて八ヶ岳を愛でることができた。
父には初めて目にした山であり、農の里であった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

農の里

農の里へお父様を連れて行かれたのですか
最高の親孝行じゃないですかぁ
我が母は87才で 足腰が弱くなって難儀しています

Shige Haruさんのお父様はしっかりとした足取りに見えます
いつまでも達者でおられることを祈っております (^.^)

Re: 農の里

yukiさん、一度行ってみたいとのことでした。
最初で最後かもしれません。
でも父を連れてなら大手を振って農の里に行けるのですよ。
また連れ出そうかな。
問題は片道4時間くらいの道中なのです。


No title

94歳、お元気ですねえ。杖をつかれてはいるようですが、足腰も達者そうで素晴らしいてす。
それにアイスなんかを食べてるとは、まだまだ食欲も旺盛なのでしょうね。

私のところは、母は78で他界しましたが、父は83でとりあえずはまだ存命ですが、大分弱ってきているようです。
今一度我が家に呼びたいと思いますが、片道6時間の行程に体力がついてこないようです。

Re: No title

メイの家さん、本当に元気ですよ。
一人で歩けるというのは驚異的で、私はおそらくその年までも生きないでしょう。

お父上は故郷においでなのですね。
今回の片道は4時間30分でしたが父としては近年これも初めての長旅でした。

感無量です!

清里の山々、農の里をお見せして良かったですね。
ただただ感無量です。
お父様も、自然の雄大さに触れて、益々元気をもらった
のでは・・・・

Re: 感無量です!

あおちんさん、そうですね、喜んでいたと思いますよ。
八ヶ岳、そして南アルプスも翌日は見ることができて・・・。
普段から、感情をあまり表に出さないのでよくわかりませんが。
なぜか、道路が立派だと言って感心することしきりでした。

父子

私も足の悪い92歳の母を抱えて秘書兼運転手を務めていますが、父親ではいつも一緒というわけにはいかないと思います。父は2年前に90で亡くなりましたが、居場所がないのか決して我が家に泊まろうとしませんでしたし、二人きりになるのは囲碁を打つときくらいで、何もしないで一緒にいるのは気まずい雰囲気でした。男の照れなんでしょうか。でもやはり家族みんなとなら旅行も楽しかったようで、毎年出かけたものです。お父上もまだまだお元気なのですから、照れずに是非お出かけになってください。

Re: 父子

エメンさん、お母様も90歳を超えていらっしゃるのですね。
父親とはどこも同じようなものなのですね。
そういう私も父親ですので、息子との関係はやはり・・・

旅行は毎月1回、温泉地に1泊で行くのが目標です。
その間にも、先だってのように花を見に行ったりします。
でも、あまり喜怒哀楽を出さないことが多いのです。
それが張り合いなくて・・・

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック