横浜にSLが走った

5月26日、横浜にSLが走った。

鉄道貨物輸送が専門の神奈川臨海鉄道の50周年記念イベントである。

P1080297.jpg

大勢の観客が見守る中、貨車をけん引して走った。
横浜本牧駅構内の数百メートルだけですが。


P1080321.jpg

手が届かんばかりのところを走る。

P1080307.jpg

C56型139号機。
昔、この仲間は八ヶ岳の小海線で「高原のポニー」の愛称で活躍した。
139号機は北海道などで活躍した後、昭和39年に臨海線で引退した。

P1080315.jpg

この牽引するこの無蓋貨車も久しぶりに見る。

P1080314.jpg

車掌車?もっと単純な形だったような気がするが・・・
そして、ディーゼル機関車。そう、実はこれが押していたのです。


P1080313.jpg

139号機は静態保存であり、息を吹き返えさすには1億円もと。
銘板の下に「日立」のマーク。
日立製作所笠扉(かさど)工場で、昭和13年に製造。


P1080326.jpg

ミニSLの乗車体験も。
子供らは本物よりこちらに興味ありか。


P1080325.jpg

パトカーのみならず、白バイや消防車まで運転席に上がらせてくれる。
おまわりさんも、お疲れ様。

P1080304-001.jpg

「農の里」とは小海線繋がり。爺バカぶりの一端、お許しを。
幼児連れと、あの独特の雰囲気の一団で埋め尽くされた横浜本牧駅でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

SL

SLの重厚な動きと石炭のにおい 趣を感じますね
土日は往復1本
新潟駅から会津若松駅まで「SLばんえつ物語」号(C57牽引)が走っているんですよ
10数年前になりますが子供たちを連れて乗って見ました (^.^)

C56

3軸動輪がやや小さめの”シゴロク”ですね。
静態保存とはいえ、押して動くだけでも立派です。手入れがないと輪軸ごと錆びて本物の”鉄のオブジェ”になってしまいますし。
根岸駅から送迎バスだったとか。それこそJR東から客車を借りて、根岸駅から貨物専用線をお客を乗せて走ればもっとテツが喜んだと思うのですが、人の輸送は一筋縄ではいかないのでしょう。
でも天気に恵まれ、よい思い出になりましたね。

Re: SL

かねちょさん、SLは大人も子供も熱狂させます。
SLばんえつ号はC57ですか。
10年前に、新潟水俣病の原点、鹿瀬町を訪ねた時、阿賀野川に沿って走るばんえつ号を撮影しました。
ともかく、SLには熱いものが沸き立ちます。

Re: C56

となりのじろろさん、C56にもいろいろあるのですか。
県内には公園などに飾っているだけのSLもいます。
それに比べればベターですよね。
でも、自力で走らせたいです。
139号機の復活運動しませんか。たった1億円らしいです。

No title

行ってみたかったのですが、別件の所要があり残念ながらいけませんでした。
でもここで、見ることができました。
さすがに、鉄っちゃんが大勢詰めかけたようで、大盛況ですね。
51周年というのはないでしょうから、次は十年後かな。

Re: No title

メイの家さん、それなりに見応えがありました。
何しろギャラリーがすごいので、こちらも高揚しました。
普段でも団体見学の際にはC56のお出ましがあるようです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック