庭で野菜の苗づくり

5月20日、昨晩からのしとしと雨が一日中やまない。
盛りのサツキは花が傷むか。

P1080216.jpg

盆栽仕立てのグミ(正確な名前を知らない)の瑞々しさは一層際立つ。

P1080238.jpg

屋根に降った雨は、この黄色い貯水タンクで受け止める。
その奥、フレームの中ではいろいろな苗を育てている。
先日、chiiさんが「プロっぽい!」と。


P1080222.jpg

4月末に種をまいたレッドマスタードのポット苗。
からし菜の一種で、サラダに加えるとピリッとアクセントになる。
中井町に借りている畑に、今度植える。

P1080218.jpg

このベッドではちょっとした野菜をつくっている。

P1080227.jpg

手前はシソ。その奥に中型トマト。

P1080229.jpg

トマトの脇芽は取り除かなければならない。
その脇芽は土に挿すとほとんどが根付く。
こうして殖えた苗は畑で育てる。(苗の生産者さん、ご免。)


P1080220.jpg

花をつけたミツバ。
スーパーで買った根つきのミツバの根が育ったもの。


P1080230.jpg

ハタケワサビ。
適度な日照となるよう、プランターに植えて移動する。
妻が、葉っぱを醤油と味醂で漬けたら、とっても美味。


P1080221.jpg

あちこちに蔓延っているワイルドストロベリー。
口に含めば苺の食感が・・・

P1080208.jpg

タンクの水も一杯になったことだし、雨はもう止んで欲しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

野菜

素晴らしいです
雨水まで利用されているんですか
私は農家の端くれですが これといったものは作っていません
徐々に私も頑張ります (^-^;

Re: 野菜

yukiさん、雨水タンクは設置して10年以上になります。
庭の植木鉢に水をやるのに1回で40リットルは必要です。
大体、盛夏を除けば水道水を使わないで済みます。
その分、水道代と下水道代を節約できます。
雨よコンコン、霰よコンコン・・・

No title

雨水タンクもあって
素敵な菜園です

レッドマスタードピリッと美味しいでよね
それに畑に植えると色のアクセントにもなっていいですわ~

Re: No title

アプリコットさん、初コメントありがとうございます。
可能なかぎり雨水タンクは設置すべきと思っています。
初期投資はタンクと樋から水を分岐する設備だけ。

レッドマスタード、今週には畑に持って行って植えます。
お話のように彩りも考えて植えてみますので期待してください。

雨水利用

Shige Haruさん、やっておられますね。苗をフレームで育てるとは、たいしたものです。このレッドマスタード、名前がいい。さぞかし食べても美味しいでしょうね。

雨水利用設備まであるとは、驚きました。

Re: 雨水利用

山栗さん、苗を育てるのは楽しいです。
種から育てたり、挿し芽をしたり。経済的でもあります。

レッドマスタード、カラシやマスタードの原料となるカラシナ種の仲間です。
もちろん味はピリッと、さわやか。

雨水利用を始めてからは雨が待ち遠しくなるということも起こりました。

プロ級家庭菜園?

すごいの一言です!娘がベランダでささやかな
家庭菜園(にんじん、ミニトマト、パセリだったかな)を
始めましたが、収穫の楽しみはいいものですね。
雨水タンクの左奥に見えるのは、盆栽ですか。

Re: プロ級家庭菜園?

あおちんさん、ビックイベントお疲れさまでした。
お手伝いに伺えなく申し訳ありません。
玉三郎を見ていました。

ベランダ菜園の一番のお勧めはピーマンです。
なにしろどこでも元気に育ちますよ。

雨水タンクの奥、左側は盆栽とか、アジサイや枝垂れ桜の苗とか、雑多なものが並んでいます。

No title

すばらしい家庭菜園、ガーデンニングですね。敷地回りは、隈なく緑化されているんでしょうか。
手入れが大変でしょうね。でも楽しみでもありますが。
貯水タンク設置も素晴らしい。私も設置を考えた時期がありましたが、結局とりやめました。いい置き場がなかったからですが、もう一回検討してみようかな。

家庭菜園やガーデニングは、私も一時かなりはまりましたが、最近は土日だけしか手を出さなくなったため、水やり不足で色々なものを枯らしました。十数年育てたイチゴも、芝に負けてしまい消えてしまいました。

Re: No title

メイの家さん、敷地周りは緑一杯です。
暇になった現在、アプローチの団地共有地の空地にも花を植えたりしています。

雨水タンクはともかく恨めしい雨とも仲良しになれます。
水道屋さんと下水道屋さんからは恨まれるかもしれませんが。
樋からの分水機具はホームセンターで扱っていることがあります。



プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック