生物多様性講座に参加

今日は、私が在職中にその開催に携わった生物多様性講座に参加した。
場所は、南足柄市にあるアサヒビールの神奈川工場。
その分野に関する大手企業や神奈川県の先進的な取り組み紹介、そして敷地内にある生態系豊かな自然園(ビオガーデン)の見学などのカリキュラムである。

P1040673.jpg

ビオガーデンの中の大池。
アオミドロノの繁殖防止に工夫があり、トンボ類の中心的な繁殖の場となっている。

P1040682.jpg

今年初めての赤とんぼ。
このビオガーデンをフィールドにしてボランティアで調査をされているご夫妻(この近所にお住まい)によると、39種のトンボを観察できるとのこと。
私も八ヶ岳南麓で調査に励もうと、意欲がわいた。

P1040686.jpg

講座の最後は、工場見学とみなさんお待ちかねのビールの試飲。
試飲の様子を写真で紹介できないのが残念。

P1040690.jpg

40名ほどの参加者、みなさんご満足いただけたようで、私も肩の荷がおりました。
講師のみなさん、アサヒビールさん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれさまでした

トンボは苦手ですが...(^_^;)、ビールはいいですね!! おつかれさまでした☆

Re: おつかれさまでした

トンボ、可愛いですよ。ビール一緒に飲みましょうよ。旦那さんに免許取らせて。

ビール工場

サッポロビールの静岡工場に行ったことがあります。そこにもビオトープ園という施設があり、自然の再生力をテーマとしていたように記憶しています。ハスの花がきれいでした。試飲ももちろん◎です。

Re: ビール工場

ブログに載せませんでしたが、その晩、ビオトープガーデンで蛍を観察しました。

とんぼの家から

とんぼさんのお家のお掃除係です。 Shige Haruさんの最後のお仕事に参加させて戴けて光栄です。 今回は、企業の環境担当者に聞いていただけること、また今後につながる交流の機会となることにワクワクとして参加させてもらいました。
 Shige Haruさんの「八ヶ岳の悠々自適の報告」を楽しみにしています。

Re: とんぼの家から

企業とNPOが連携すると大きな力になります。富夢坊さんのご活躍を期待しています。八ヶ岳にもぜひお越しください。来週頭には、久方ぶりに八ヶ岳南麓からの季節のたよりをお届けします。イネは元気かなあ・・・

楽しいブログ!

今日は!隣村の山栗です。

ブログ開設のページから進んでいないな、と思っていたら、どんどん書いておられたんですね。私の登録が、最初の記事だったので、その後の変化がわかりませんでした。

遅ればせながら、ブログ解説おめでとうございます。田植えや、豆播き、トラクターの赤シート、パソコンの設置、第2の職場の送別会など、いやー面白いです。

ビオトープ、私も、ここまでは行かなくても、自宅の庭に池があれば楽しいだろうな、と思っています。
その後の、ビールの試飲は最高ですね!

遅ればせながら、ブックマークに登録させていただきました。八ヶ岳南麓の「隣村」同士ですので、これからもよろしくお願いします。

季節の移ろいは速いですね、もう梅雨になりました。7月になると樫山は、幻想的な蛍の村になります。

Re: 楽しいブログ!

山栗さん、コメント、そしてリンクありがとうございます。
あす、久方ぶりに八ヶ岳南麓に伺います。
横浜での片付けが忙しかったのですが、雨でもあすは行きます。

山里の皆さんによくしてもらっていますので、後何年通えるか分りませんが、御恩に報いるように努力したいと思っています。
明日の晩は、御殿場から友人が訪ねてきてくれます。
今も、飲み会殻帰ったばかりですが、明日も深酒しそうです。

お疲れ様でした

私も縁あって、講座に参加させていただきました。今までは、「生態系の保全」は「企業活動」とは「利潤」という切り口から切り離されていて、企業イメージを上げるたの社会的責任やグリーン活動として余力として取り組んでいくものと思っていました。 しかし、今回の各企業の生態系へのアプローチは、企業の強みを生態系の保全に真っ向から融合させみようという「遊び」や「実験」の場だったような感想でした。 トヨタの遊び心だった「プリウス」が今やトヨタの稼ぎ頭に位置しているように、ひっとしたら将来は「生態系の保全」が当たり前に主力の企業ビジネス分野となっているかもしれないですね。 なぜか、発表者一人ひとりの眼が輝いていたのも印象的でした。

Re: お疲れ様でした

生態系の保全は、究極の環境問題と考えています。企業活動はそもそも人間の幸福のためにあり、その人間は生物全体と調和してこその存在のはずです。今後、企業を含めて国を挙げて真剣に取り組んでいってほしいものです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック