桜と桃の競演

4月8日、例によって中央本線の普通電車で、ひと月ぶりに農の里に向かいました。

自宅の最寄り駅では八重桜がすでに満開。

P1070767.jpg

笹子トンネルを出た最初が甲斐大和駅。武田家終焉の地でもある。
標高が高いためソメイヨシノが咲き残っている。
写真の奥に小さく南アルプスが見える。


P1070784.jpg

いつもお世話になっている115系電車が入線。
この田舎っぽい塗り分け、長野色というそうだが、好きだなあ・・・


P1070800.jpg

前日は横浜も強風だったが、甲府の先で樹が線路に倒れ、電車は不通。
甲府駅から小渕沢駅へは代行バスが運行された。
持参のサンドイッチをぱくつく。観光旅行の気分。


P1070804.jpg P1070808.jpg

運よく最前部なので視界良好。前方には南アルプス。
途中の韮崎駅ではJR関係者が鳩首会談。
電車は再開したが、代行バスは小渕沢まで続行に決定。やったー。


P1070807.jpg P1070809.jpg

穴山駅を過ぎたところで桃畑の中を走行。これが私のお目当て。
大当たりでした。満開。車中も歓声の渦。
写真は八ケ岳が背景だが、反対側にも桃畑と南アルプス。


P1070813.jpg

日野春駅では白い花が、これも満開。
桜っぽくない。この時期、白い、この手の花はスモモだが・・・
100分のバスの旅。再開した電車が先に到着していたが、みな満足。


P1070815.jpg

小淵沢駅から農の里に向かう、その途中に「神田の大イトザクラ」。
老齢のためネットで保護中。車もこの時期通行止め。
八ケ岳を背景に威風堂々。山梨が誇る桜である。


P1070819.jpg

その脇を115系普通電車。
写真の右手には南アルプスの雪山が・・・。
山と花と電車をお目当てに大勢のカメラマンが右往左往。


P1070820.jpg

さらに農の里へ車で10分のところの道端に「東原のイトザクラ」。
こちらはまだ有名になっていないが、樹齢がすでに100年。
写真で、桜の足元に見えるのが八ケ岳。花見客は私一人だけ。


P1070825.jpg

甲斐の国でも平地では葉桜だが標高の高いところの桜はまっ盛り。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「神田の大イトザクラ」 見事な桜ですねぇ
福島県にも素晴らしい桜がたくさんあります
三春の滝桜は有名です

そしてなぜ「三春」か・・・
梅、桜、桃が一斉に咲くから三春と名前が付いたそうです (^.^)

Re: 桜

yukiさん、神田の大イトザクラは20年ほど前に初めて見たときは元気で、花もいっぱいでした。
今はかなり弱っています。

三春の滝桜は、日本で三本の指に数えられる有名な桜ですね。
三春の名前のいわれ、なるほど。
福島は一斉に咲くのですね。

花見

久しぶりのお出かけはお花見ですか、桜と桃の花が南アルプスの雪を頂いた山々を背景に綺麗ですね。行った甲斐がありましたね。「神田の大イトザクラ」も古木で風格がありますね。以前に見た山形の「置賜の桜」も樹齢数百年というものでした。私も毎年この時期は東北や長野の桜を見物に出かけていますが、昨年は鶴岡でしたが、早すぎて咲き始めでした。なかなか満開の時期に日程を合わせるのが難しいですね。

Re: 花見

エメンさん、ちょうど花盛りでした。
背景に雪山が入ると、本当に絵になりますね。
山形にも有名な桜があるのですか。「置賜の桜」は知りませんでした。
今年は山梨も桜やものの開花が1週間以上早かったのだと思います。


No title

電車の不通による代行バスが、かえってとてもラッキーになったような感じがします。
八ケ岳と桃畑、とても素敵な景色ですね。

山梨の桃畑は何度も行きましたが、花粉症が発症して以来、一度も行っておりません。また、桜の花見もおっくうになりました。絶好の季節なのに、全くしょうもないありさまです。

Re: No title

メイの家さん、本当にラッキーでした。
電車からも見えるのですが、やはりバスの方が畑の中を行くという感じです。

妻は、十数年前、花粉症で医者に通い始めました。
そうしていたら、受付のおばさんが、あまりの患者の多さでダウン。
そのためスカウトされ、受付のおばさんのピンチヒッターを始めて今に至っていますよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 残念でした

清里からのコメントありがとうございました。
「東原のイトザクラ」、14日には散っていましたか。
意外と皆さんが注目していない桜ですが、立派なものです。

以前、種を拾って蒔いたら発芽したとお話した桜です。
畑に植えた苗のうち2本を、先日、お母さんの庭に移植しました。
親を越える立派な桜に育つことを願って・・・
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック