味噌づくり

3月15日、暖かい陽射しに恵まれて、横浜の自宅近所の方々と共同で味噌の仕込み作業を行った。

大釜で豆を煮ていると、農の里人らが興味深げに立ち寄ってくれる。

P1070554.jpg

なかには、娘さんの処で生産しているという花苗まで届けてくれる。
色とりどりのプリムラ、金魚草そしてパンジーである。


P1070555.jpg

最初に煮たのは黒豆。
表面には泡になった「あく」がものすごい。小まめに、すくい取る。


P1070552.jpg

豆の煮汁を飲んでみた。
何十年も豆を煮ている里のお母さんも初体験とのこと。
栄養価十分。ほど良い甘味が旨い。でも、舌に苦味が少し残る。


P1070579.jpg

次の黄大豆も、黒大豆と同様3時間かかって茹で上がり。
笊に受けて汁けを除く。


P1070572.jpg

熱いうちに電動のミンチ機で擂り潰す。
結構力を入れて押し込まなければならない。


P1070576.jpg P1070583.jpg

今年は米と麦の麹を混ぜて使うこととする。
ダマになっているので、よく解す。


P1070561.jpg P1070562.jpg

ミンチにした豆に、塩と麹を混ぜる。
これらが均等にならなければならない。
これも力のいる仕事だ。


P1070588.jpg

よく混ざったものをプラ桶に詰める。
重しを乗せるスペースを残しておく。
空気が残らないようしっかり押さえつける。


P1070593.jpg

表面にはカビ防止に塩を振る。
大小5つのプラ桶に味噌を仕込んだ。120キロほどとなる。


P1070598.jpg P1070603.jpg

味噌が熟成するには1年。
今度の冬から食べ始められる。
それにしても疲れた。ちょっと無理をしたようだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今度こそ

全く手伝わずに何なのですが・・・
やはり冷蔵庫に忘れたおすそ分け分が惜しいので、今度こそよろしくお願いします。
味噌は和食の要ですね。特に味噌汁が大好物の僕には不可欠な食材です。

味噌づくり

昔は我が家でも作っていました
集落にはでっかい味噌煮釜があり順番に使っていました
十数年前でしょうか 一人でも動かせるアルミ製の軽い味噌煮釜に買い換えました
でも使う人はいないようです
私も味噌 作ってみようかな

Re: 今度こそ

となりのじろろさん、ちゃんと保管してありますよ。
今度おいでになった時にお渡しできるように。

今回作ったのは麦麹入りなので、また味が変わったものになると思います。

Re: 味噌づくり

かねちょさん、農の里にも公民館に大きな釜があるようです。
主にお祭りのときに使っているようです。
万が一の時用にも必需品だと思います。

確かに、鉄窯は重いです。
アルミ製なら便利ですね。
味噌擂りが大変なので、いいものがあると楽に作れるのですが。

No title

すごく懐かしいです。
子どもの頃、実家でも味噌を作っており、その手伝いをしました。
茹でた豆を食べたり、つぶした豆を食べたりと、遊びの方か多かったですが、子供の頃の懐かしい記憶が蘇ります。
やっぱり春先に作っていたと思います。
我が家の一大イベントでした。

Re: No title

メイの家さん、そうですか作っていましたか。
米と味噌があれば人間生きていける!と思っています。
大豆の煮汁は飲んだことが無いようですね。
味噌づくりが終って、私もほっとしています。

No title

自家製味噌・・

実家でも数年前まで母親が仲間と一緒に造っていました。
というわけで実家の朝の味噌汁は自家製味噌の味噌汁。
特段何か手を加えているようでもないようでしたが、何かひと味違う感じがしました。

先日、田んぼをおやめになるメールをいただきました。
返信せずに申し訳ありません。
味噌造りなど、力仕事や農作業で手がいる際にご連絡くだされば、レスキューに向かいます。

Re: No title

しんのすけさん、初めての?コメントありがとうございます。

自家製味噌づくりやめてしまわれたのは残念ですね。
そうなんです、なにか違うのですね。
原料がはっきりしているという安心感もありますよ。
私の場合、塩加減は毎年変えたりもしています。

米作りは腰のことを考えてやめることとしました。
味噌づくりも今回が最後になるかも知れません。
それ以外でも力仕事はありますので、その際のレスキューお頼みしますのでよろしく。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック