あきお?さんの炭焼き

農の里には、ダッシュ村でいう「あきおさん」のような人がいる。
農業が専門だが、コンクリート打ちから、機械の修理、溶接など何でもやる。
その「あきおさん」、冬は炭焼きもやる。


P1060837.jpg

火を入れてから、窯出しまでは2週間ほどかかる。

P1060839.jpg P1070268.jpg

「あきおさん」登場。
本物?は昭和4年生まれだが、こちらは私より二つ上とまだお若い。
窯が冷めたのでいよいよ開ける。


P1070436.jpg

空気が入らないように土で密封してある。
寒さでその土が凍りついている。やっと蓋が開いた。


P1070437.jpg P1070440.jpg

焼け具合はどうかな?
かなり燃えちゃったように見えるが・・・


P1070441.jpg P1070443.jpg

あきおさん「これならまだいい方だ。空気がへえっちめーと全然だめな時もあるさ。」
「この天井を見てくれ。窯作るにゃ、木ーイッペー詰めて、紙ならばって、コンクリート打つだ。そのまま火くべりゃ、炭も上がりよ。」

P1070445.jpg

あきおさん、今度は後ろに回って・・・
「空気抜きさ。メエに、これがねえん時、窯ん中へえって苦しくなったんさー。」
そうなんだ。窒息しないように注意してね。


P1070446.jpg P1070449.jpg

私「炭出すの手伝いますよ。」
あきおさん「汚くなるんからいいよ。」
私「はい、お言葉に甘えます。」


P1070450.jpg

そんな様子を、海岸寺峠の山越しに南アルプスの峰が覗いている。

P1070461.jpg

窯の前には、次の材料がならばってる。
あきおさんは、この冬3度目の炭焼きにかかる。


P1070267.jpg

困った時はいつもあきおさんに聞く。
何でも快くやってくれる。
もちろん、丸一山荘の炭はあきおさんから。(写真:1月5日,2月14日,2月25日)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさに鉄腕

福島の元祖ダッシュ村が立入り禁止になって早2年。
農の里にもこんな場所があったのですね。テレビで見ていたあの風景のようです。
しかし、2週間がかりの蒸し焼き・・・ 僕にはとても付き合えない時間です。でも、いい炭になるのでしょう。
では次回、この炭を囲炉裏で焚いて、おいしく香ばしい焼き物をお願いします。

Re: まさに鉄腕

となりのじろろさん、DASH村は2001年6月開村、私が「農の里」で米作りを始めたのが翌年4月。
なにかと先輩であり、まねても来ました。

2週間といっても、はじめと最後が大変で、途中は自然任せです。
ともかく空気が入ってしまわないように管理するのがポイントのようです。

炭が熾るのを見ながら焼き鳥と地酒、やりましょう。

No title

ダッシュ村は、わが故郷にあった関係もあり、よく見ていました。

まだこういうのがあるんですねぇ。すごいですねぇ。
実は、わが集落にも共同の炭焼き小屋がありました。それが練炭から石油にそして電気に変わっていきました。

火鉢の炭とか、もう知らない世代が大半ですね。家庭で使うのは、せいぜいバーベキューの時ぐらいでしょうか。我が家ではバーベキューもやらなくなり、物置に数年前に買った炭が沢山残っています。

Re: No title

メイの家さん、ダッシュ村のお近くということは震災の影響も大きかったのでしょうね。

共同の炭焼きというのもすごいです。
さぞ、大がかりに焼いたのでしょうね。

丸一山荘に泊りに来る方で、炭の熾し方を知らない人が多いです。
もちろん、かまどの薪のくべ方も。


プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック