甲斐のひな飾り

2月23日、塩山駅で途中下車して駅前にある「甘草(かんぞう)屋敷」(→甲州市観光協会HP)のひな飾りを見学した。

「甘草屋敷」は、その昔、幕命により薬用植物の甘草を栽培していた旧高野家の住宅。
主屋・附属屋9棟すべてが重要文化財に指定されている。


P1070321.jpg

屋敷内には家族連れの観光客が何組も来ていた。

P1070331.jpg

琴の演奏で雰囲気を盛り上げる。

P1070323.jpg

湾曲した梁の下、さまざまなひな飾りで埋め尽くされている。
ひな人形の歴史はは平安初期にまでさかのぼるそうだ。


P1070324.jpg

もっとも一般的な七段飾り。

P1070330.jpg

「雛の吊るし飾り」。
ひな段の両側に吊るす風習で、伊豆の稲取地方に江戸時代から伝えられているのが有名。
ここに飾られているのは市民手作りのもの。


P1070329.jpg

こちらはドングリの殻斗(「カクト」。帽子とか、お椀と一般に言う。)を使った新作もの。
お母さんに教えたい。


P1070326.jpg

こちらのひな段飾りは見慣れない様子が・・・

P1070322.jpg

「御殿飾り雛」と言うそうで、京都御所の紫宸殿をモデルにしたもの。
大正末から昭和中期頃に普及したが、その後七段飾りに取って替わられたと。何か違和感があるなあ。


P1070336.jpg

甘草屋敷前には信玄公の像。
山梨はどこに行っても武田家の所縁(ゆかり)物が多い。


P1070340.jpg

ここ甲州市内各所では4月中旬まで雛飾りの展示がされている。
桃の花で盆地全体が埋め尽くされるまであとひと月。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お雛様

甘草屋敷のお雛様は見ごたえがあって圧巻ですね。我が家は3人娘ですので、私の趣味で買い揃えた木目込みのそれぞれの内裏雛を3組ひな壇にして飾ってあります。それだけでも華やかなのに、屋敷内を7段飾りと吊るし雛で埋め尽くされた光景は見事ですね。御殿飾り雛も豪華です。それにしても毎回ニュースソースが素晴らしい。

「虫博士のビオガーデン便り」

Shige Haru さん

 ブログを毎回楽しく読ませていただいています。お元気な様子が伝わってきます。
 
 今日は、新しい展開が有りましたので報告です。

アサヒビール㈱神奈川工場のホームページに「虫博士のビオガーデン便り」というぺージができ。2月から記事を担当しています。
月始めに更新しますのでご覧になってください。
 250字、写真3,4枚との制約があり、物足りなさがありますが、楽しく書いていこうと思っています。
  http://www.asahibeer.co.jp/brewery/kanagawa/

 また、トップページに環境関連のイベントカレンダーが掲載されていますが、イベントの無い月が空白なのは寂しいね・・・ということになり、ビオガーデンの様子を短い言葉で埋めることになり、私が担当しました。

Re: お雛様

エメンさんのお宅の木目込み人形雛さんもさぞ見応えがあるのでしょうね。
木目込み人形は、京都賀茂神社の雑掌高橋忠重が祭祀用具の余材で作ったのが始めと、パンフに出ていました。

毎回のニュースソース取材には頭を使いますので、ボケ防止によさそうです。

Re: 「虫博士のビオガーデン便り」

富夢坊さん、「虫博士のビオガーデン便り」を拝見しました。
短い言葉で表現するのは難しいですが、分かりやすく書かれていました。
「便り」の訪問者数はさぞ多いことでしょうから、担当のし甲斐がありますね。

また、イベントカレンダーの空白月の記事も関心を呼ぶ内容となっていました。
企業とのコラボ、ますます充実されていて見習いたいです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック