公民館まつり

2月24日、「農の里」集落の行事である「公民館まつり」に参加した。

すべて集落の人々による手作りの催しである。

P1070391.jpg

今年で6回目となる。
公民館長イコール集落長(班長と呼ばれる)がメインとなり、60代を中心とした若手?が下働きする。


P1070390.jpg

30戸ほどからなる住民大多数が参加して、会場は満杯。

P1070394.jpg

昼の11時開会、すでに若手が用意した昼食が並んでいる。
さすがに寿司などは店やものだが、ほかは手作り。


P1070392.jpg

これは、おからドーナツ。
集落では毎週、有志で豆腐を作っている。
あげ油は、集落で収穫したひまわりの種を絞ったもの。

P1070397.jpg

とっておきの余興は、お母さんたちのフラダンス。
旦那さんたちが恥ずかしそうに見ていた。


P1070407.jpg

私も一曲。
裕次郎を気取って・・・


P1070403.jpg

ボーリングゲーム。
倒した本数の順位で景品を先に選んでとれる。
若手にはピンが倒れにくいように並べる。


P1070425.jpg

輪投げもしかり。
若手には的を遠くする。
景品は、日用品が多い。

P1070423.jpg

集落には子供が何人かいる。
そこで、景品として雛人形とお手玉を差し入れた。

P1070432.jpg

ビンゴで盛り上がって、締めは恒例の「ふるさと」斉唱。

P1070435.jpg

夏の景色だが、上空から見た集落の全景です。(写真:読者提供)
「丸一山荘」は集落の左端。
中央に清里湖(大門ダム)、奥に南アルプス。


浅川上空写真(一法氏201208)

お母さん「こんな風に見えるんかね。ここじゃないみたいずら。」
私「山の中にひっそり、仲良く。まさしく桃源郷ですよ。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

末長く続いてほしい・・・

集落がひとつに集まってさぞかし賑やかなことでしょう。
過疎が進んでいることと思いますが、なかなかどうしての雰囲気です。ブログ主もついにご登場!ですね。

Re: 末長く続いてほしい・・・

となりのじろろさん、全員が集まるのはなかなかないようです。

お嫁さんもなかなか来ませんので、次の世代が続かないです。
空き家の欲しい方、連絡を待っています。

ブログ主はここでは若手です。



ご無沙汰しています。

若手のご登場。久々にブログ主さんのご尊顔を拝しました。
心なしか白髪が増えたような気が・・・ 除雪で苦労されたのかと思いましたが、写真では雪の名残はないようですね。
暖かくなりましたら、重機を借りて畑の進入路の拡張をしましょう。
3月1日に富士でお会いできることを楽しみにしています。

Re: ご無沙汰しています。

ecoさん、初めての顔出しとなります。
白髪ならまだいいほうで、う・くなりました。

進入路の確保工事、もう少し先に決断したいと思っています。
なにしろ畑を広げてもやりきれるかどうかなので。

富士では楽しみですね。
懐かしい人がいっぱいです。

No title

私もこのような集落で育ちました。場所は福島です。
それで、このようなイベントというか、集まりの雰囲気はよくわかります。
集落の人たちは、みな家族のようなものです。お互いに身を寄せ合って生きています。
何か日本の農村の原点のような気がします。
ただし、多少面倒なこともありますが。

素敵でいい集まりですね。

Re: No title

メイの家さん、そうですか、福島には山友達が何人かいます。
集落のおばあさんたちは、しょっちゅうお茶のみ会もしています。
一人暮らしが多いので寂しいのですね。
あと数年でもっとひっそりとした集落になってしまうでしょう。
そこで、都会人に家を貸さないか、と持ちかけているのですが・・・
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック