八ヶ岳いろいろ

今月のブログタイトル背景は、この写真をトリミングしたもの。
撮影は、花園にしようとしている畑の近くから。
季節ごとに、この場所からの八ヶ岳を紹介していきます。


真中の窪みを挟んで左が権現岳(2715m)、右が最高峰の赤岳(2899m)

P1060785.jpg

ところで、これは里を望む高台からの八ヶ岳。
高台だけに雪で白くなった牧場がはっきり見える。
でも角度が同じなので八ヶ岳の峰々は同じ形。


P1060698.jpg

こちらは農の里の南側、峠を下った津金集落から見たもの。
八ヶ岳本峰はさほど変わらないが、前衛の山の見え方が少し違う。


P1060709.jpg

ほぼ同じ位置、「おいしい学校」大正校舎の屋根越しにみたもの。
あーおいさんみゃーく・・・ランラランラララン

P1060751.jpg

こちらはずーっと西へ行った小淵沢からの八ヶ岳。
左側、笠をかぶせたように見える編笠山(2523m)が際立つ。
前三ッ頭(2366m)というのか、前衛の山も堂々としている。


P1060690.jpg

反対に農の里の北側、平沢峠(1450m)から。
スキー場がある牛首山(2280m)が大きく見える。


P1060714.jpg


太陽は八ヶ岳の西裾、南アルプス連山との間に沈む。
左側、突き出たのが甲斐駒ケ岳(2965m)。


P1060713.jpg

農の里はいつも八ヶ岳に見守られている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

八ヶ岳観光大使!

今回も八ヶ岳のすばらしい冬景色を見せつけられますね。やはり写真の構成が素晴らしいので引きつけられてしまいます。観光大使みたいですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 八ヶ岳観光大使!

青ちんさん、お褒めに預かって光栄です。
そうなんです、山梨県庁から大使のお声がかかるかも。
八ヶ岳の山の名前をやっと覚えかけたところですが・・・

Re: 初めまして

SYさん、コメントありがとうございました。
丸一山荘の場所は、今度お手紙します。
あなたのセカンドハウスから車で20分といったところでしょうか。

冬の山の美しさには惚れます。
日本の高い山ビックスリーは、富士山、北岳、そして奥穂高だそうですが、その三つを1箇所で見ることができる場所が北杜市内にあります。
もっとも見えにくい奥穂高を写真でキャッチしたらブログで紹介します。

来ていただくのは4月ころが良いでしょうね。
楽しみにしています。

ヤガラは白身で、こりこりした食感でした。
一度ご賞味あれ。

山と空

八ヶ岳の山並みと青空。絵になりますね。写真の構図もプロ並みです。山裾に沈む太陽もまた逸品!田舎をもたない僕にはこういう情景が憧れでした。

Re: 山と空

となりのじろろさん、お褒めに預かって光栄です。
八ヶ岳と手前の林の構成、自分でも気に入ってます。
季節によって、山とともに林が色づいたりするのが面白そうです。

じろろさんは夕暮れがお好きのようですね。
切なさとか、郷愁といったものがいいのかな。

八ヶ岳の美しさ

Shige Haruさん、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

八ヶ岳の姿をいろんなところから写し込んでいて、楽しいです。最後の日没の写真がいいですね。その時間まで待たれていた我慢強さ!

ヤガラは食べたことがないですが、美味しそうですね。スーパーではほとんど出回っていない魚でしょうか。こういうのがいいんですね。

Re: 八ヶ岳の美しさ

山栗さん、こちらこそ昨年にも増してお世話になります。
これまで八ヶ岳の各峰の名前を知らなかったのです。
地図では見るのですが、一つ一つはというと、分かりにくいので。
平沢峠に行くと写真看板があって、各峰の名前が書いてあるというので、雪道を行ったのでした。
そして日没は偶然に出会ったのです。
3分と待ちませんでした。

ヤガラ、今度出会ったら食べてみてください。
形に似合わず美味です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック