新年の農の里

1月4日から6日、新年を迎えた農の里を訪れた。

翌朝、寝ていた部屋の気温はマイナス4℃。
軽トラの窓ガラスには氷の結晶。
お湯をかけても、そのお湯がたちまち凍った。


P1060726.jpg

海岸寺に向かう峠道の気温表示はマイナス11℃。
「凍結注意」の電光表示。
いかにも寒そう。


P1060755.jpg

道路壁面にできた氷。
去年か今年の干支に見えませんか?


P1060768.jpg

二つある畑のうちの一つはダム湖のほとり。
清里湖というしゃれた名前が付いている。
やはり湖面の一部が凍結している。


P1060836.jpg

将来、花園にする計画のもう一つの畑。
枝だけで冬越し中のラズベリー。
今年の夏はラズベリーパイづくりに挑戦するぞ。


P1060773.jpg

綿毛を被ったエルサレムセイジも寒さに耐えている。

P1060774.jpg

根城の丸一山荘(写真右のグリーンの屋根)は木に囲まれ、日差しを浴び、少しは温かい。

P1060759.jpg

この3日間、外の片づけ仕事はたくさんあったのだがブログ取材に飛び回った。
整理次第お伝えしていく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

厳冬の丸一

お帰りなさいませ。
かの地はマイナス11度ですか。
路面はカッチカチだったことと思いますが、お車の事故もなく安心しました。
冬晴れの青空に山脈が映えていますね。こういう情景を見ると田舎暮らしの憧れが再燃します。

Re: 厳冬の丸一

となりのじろろさん、無事横浜に帰ってきました。
小淵沢駅から農の里までの間、凍っているところがありました。
八ヶ岳をはじめ、周りの山々が輝いていました。
順次、ご覧に入れていきます。
田舎暮らしへの憧れ、どんどん再燃させますよ。

氷点下の丸一!

清里での-11℃は、例年なのですか。私は毎年この時期に群馬の草津温泉に(たった1泊の)湯治?にいっていますが、マイナス二桁は多分ないと思いますね。寝ている部屋がマイナス4℃ですか。古民家は特別なんでしょうか。お母さん、暖かくして寝ていてくれるといいですが。

Re: 氷点下の丸一!

青ちんさん、日陰ではこのくらい普通のようですよ。
古い家はみんなこのくらい寒いです。
お母さん宅は床暖房もあるし、アルミサッシなので心配ご無用。

あけましておめでとうございます

新年のご挨拶が遅くなって申し訳ありません。
あけましておめでとうございます。
清里は寒そうですね。
でも、高原の夏も憧れますが、雪景色の清里も神秘的です。
バイクで行けないのが残念ですが・・・
今年もよろしくお願いします。

Re: Re: あけましておめでとうございます

> 脱穀うえPさん、いえいえこちらこそよろしくお願いいたします。
> バイクには向きませんが、寒さもピリッと引き締まっていいもんです。(やせ我慢)
> 雪景色いいでしょう!
> 山が近付いてくるように感じます。
> でも、春が待ち遠しいですね。

あけましておめでとうございます。

正月を日光で過ごしておりました。山荘の部屋は私が幼少のころ宇都宮に住んでいたときと同じ寒さですね。耳に霜焼け、指にひび割れができて、ガラス窓には氷の結晶が張り付き、よく水道管が破裂してました。20数年前、宇都宮から横浜まで通ったことがありますが、駅までの車の窓が凍ってしまって、お湯をかけてもすぐ凍ってしまい難儀したのを思い出しました。それにしてもきめの細かい取材にはいつも感服しております。

Re: あけましておめでとうございます。

エメンさん、今年もよろしくお願いします。
宇都宮もそんなに寒いですか。
ガラスにつく氷の結晶、久方ぶりでした。
台所の水道管は昼ころまで凍っていました。

こまめに里の様子を描きます。
ご自宅にいながらにして、農の里に行った気分になってください。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック