トロッコ列車が中央本線を走った

11月17日・18日に、中央本線の小淵沢ー甲府間に、トロッコ列車「風っこやまなし」号が初運行された。
そこで、農の里への道すがら、日野春駅で待ち構えた


「風っこやまなし」が日野春駅に到着。

P1060260.jpg

トロッコというだけに窓ガラスは・・・ない。

P1060261.jpg

冷たい雨模様の中、防寒着で完全装備。

P1060262.jpg

けん引するのはEF64型電気機関車。
チョコレート色と、ブルーの2機が前後につくプッシュプル。
おまけに、オレンジの退避用車が、グリーンのトロッコを挟むという珍しい(らしい)編成。


P1060259.jpg

小さな子供もお見送り。
君も将来は正真正銘の鉄ちゃんに。


P1060265.jpg

ところで、日野春駅の駅舎は1904年の開業当初からのものと。
ということは御年108歳。
丸一山荘の103歳よりも年上。


P1060273.jpg

この駅には、蒸気機関車時代の給水塔まで残っている。
煉瓦とコンクリート造りで朽ちる寸前。
鉄道遺産だ、大事にせいや!


P1060266.jpg

小淵沢駅にはこんな張りぼてトロッコまで。

P1060275.jpg

山梨県のユルキャラ?「もも」ちゃんまで。
JRさん、力入っています。


P1060303.jpg

最後に、「風っこやまなし」の全景。
農の里の帰り途、小淵沢近くで、軽トラ運転中に偶然行き当たったもの。(で、電線が入ってしまいました)
過ぎゆく秋を惜しみつつ、トロッコはのんびりと走る。


P1060302.jpg

還暦過ぎの鉄ちゃんブリ、いかがでしたか?
今回、駅にも、線路わきにも、鉄ちゃんが沢山。
You Tubeで見つけた「風っこやまなし」の動画はこちらへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

登山起点駅

ずっと昔、甲斐駒ケ岳登山のため、早朝の日野春駅に降りたことがあります。そのときは夜行があったのだと思いますが、すっかり記憶の外になってしまいました。
このトロッコ電車、退避車両連結というのも滑稽ですね。あいにくの曇天だったようですが、たとえ横殴りの雨でもオープンカーに乗らないと何のため?にその電車を選んだのか・・・
でも紅葉の時期、車窓の眺めは素晴らしいのでしょうね。

Re: 登山起点駅

となりのじろろさん、いつもながらにコメントが早いですね。
でも、いただいたときは工事中でした。
今回、動画(残念ながら他人にの作成)リンクもしましたので、もう一度お楽しみください。

ところで、日野春駅に降り立ったことがあると。
山岳のご趣味までとは。
恐れ入りました。

No title

以前に鳳凰三山を登山したことがありますが日野春駅から近そうです。でも隣りの穴山駅で下車した記憶があります。トロッコ電車?ですか。知らなかった駅、知らなかった車両の紹介は有り難い気持ちにさせてくれますねv-34

Re: No title

青ちんさん、皆さん南アルプス方面の山に登っているのですね。
かくいう私は北岳に登りました。

トロッコ列車にはもう少し気候の良い時に乗るのがお勧めです。
動画をご覧になりましたか?
トロッコの背景に山が映っていますね。

No title

こんなのが走っていたのか…
編成の色使いが、何となしに秋っぽくてきれい。
というか、トロッコ部分以外はみんな国鉄色?
電気機関車で気動車をプッシュプルというのもなかなか妙な案配で…中央本線の山道は、国鉄時代の気動車にはややきついのか。
中央本線は、最近は夜中に通過するばかりでしたが、情緒ある駅名がありますね。
動画も含めて、見ているだけで鉄分補給されそうです。

Re: No title

高い柳の下の蛙さん、あなたほどの方でも感動していただけましたか。
というよりは、あなたほどの方だからこそ、このトロッコ列車の真髄を感じとれるのでしょうね。
貴殿の反応、満足です。

国鉄色という言葉、実は最近知りました。
八王子以西を走る普通電車の115系もそうですね。
その大部分は長野車両センター所属で、長野色という言い方もあるようです。
甲府より東を走る昔の横須賀線色をしたのは八王子車両センター所属らしいです。

駅名、確かにそうですね。
ほかにも情緒ある駅名を、今後紹介していきます。

「風っこやまなし」

○ 農の里には、実に様々な事象があるのです…ネ!
○ 寒さが伝わるような切々とした記事に、益々、キリットとた冴え  が増しています!

Re: 「風っこやまなし」

賢ちゃん、お久しぶりコメント、ありがとうございます。
そうなんです、いろいろな事がありますし、探しています。
実に寒いですよ。もっとも、今日は湾岸線で走行中に閉鎖され、雪の中、1晩車の中で明かすかと覚悟したところでした。
世の中何がおきるかわかりません。3時間半をかけて東扇島から帰ってきました。ほっ。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック