駿府城公園内の紅葉山庭園

先週、仕事で静岡市に出向いた際、駆け足で駿府城跡を訪ねた。
家康が隠居後に院政を敷いた城で、今は官庁施設や公園になっている。
近年復元された巽(たつみ)櫓(手前)と東御門(奥)。


P1070552_20170725175534e42.jpg

駿府城公園内の一画に紅葉山庭園がある。
入場料150円を払って入ると、予想外に整備された庭園が広がる。

P1070557.jpg

静岡市内にも近年高層ビルが建ち始めている。
手前の白い砂利は三保の松原を模している。


P1070561_20170725175632cf6.jpg

これは一目瞭然に富士山。
手前の刈り込まれたサツキは茶畑を模している。
そう、この庭園は静岡の名所を凝縮して見せている。


P1070568.jpg

では、この石段は?
箱根の石畳だそうだ。
箱根は静岡県?いや、要らぬ詮索はよそう。

P1070570.jpg

ごろた石のある流れは、あべかわ餅で知られた安倍川を模している。
30%支持率の内閣と同じ字だと、気づいた。
その近くに茶室がある。


P1070569.jpg

本(ほん)山冷煎茶をいただく。
本山地区のある安倍川流域は静岡茶の発祥の地だと。
薄グリーンの冷えた煎茶は、殊の外美味い。


P1070563.jpg

この後、冷えたほうじ茶も出てきた。
韓国?からの観光客ともども、立礼席なので気取ることなく涼む。


P1070567.jpg

帰りがけ、入場門そばのアオイの寄せ植えに気が付く。
三つ葉葵は徳川一門の家紋。
でも、アオイの葉は2枚。3枚は架空のもの。


P1070574.jpg

静岡の名所巡りの趣向は、外国人観光客にうってつけ。
年に1日だけの静岡での仕事、今年で最後にしよう。
国家試験合格を目指す受講生に迷惑を掛けないうちに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか行かない

静岡という土地ですが、伊豆や浜名湖近辺などには無数に訪れていますが、この静岡市にはなかなか行く機会がありません。10年以上前に仕事で行ったのが最後で、あとは車や新幹線で通過するのみです。
駿府は徳川所縁の地で、東照宮などもあるという話は聞くものの、今一つ魅力を見だしきれません。
でも、写真の庭園は見事ですね。本場のお茶も試してみたいものです。

ところで、度重なるお心配り、深く深く感謝いたします。

Re: なかなか行かない

となりのじろろさん、静岡市はあまり行かない県庁所在地ですね。
家康以外には、ほかに見るべきところも見当たりません。
しいて言えば登呂遺跡でしょうか。

元気にお過ごしください。

No title

静岡は伊豆しか行ったことがありませんが、市内に素敵な庭園があるんですね。冷えた煎茶はとても涼しげで美味しそうですが、添えられている和菓子は葛饅頭でしょうか?

No title

仕事 プライベート
けっこう出歩いているんですねぇ
羨ましいです (^.^)

Re: No title

モモさん、冷たい煎茶に葛饅頭が添えられていました。
程よい甘さと、のど越しを楽しめました。

庭園は少額ですが有料なだけに、手入れは抜群でした。
城下町だったこともあるのか、町全体に豊かさを感じます。

Re: No title

yukiさん、年に1回の仕事でしたが、空き時間を使ってブログの材料をあさってきました。
限られた時間内だと、駿府城辺りが手ごろです。

No title

駿府城公園内の一画に静岡県が凝縮されているんですね。
箱根は神奈川県ですが、そこに至る道は静岡県もあるので、よしとするところでしょうか。


>アオイの葉は2枚。3枚は架空のもの。

そうなんですか、全く知りませんでした。
今度飲み会の時にでも使わさせていただきます。(笑)

Re: No title

メイの家さん、三島に下る東海道にも石畳はあるのでしょうね。
音声ガイドの無料貸し出しがあり、4か国語に対応しているそうです。
外国人に箱根は静岡だと理解されてしまうかも。

飲み会用に使ってください。
ところで、うちの家紋は抱きミョウガですが、母が亡くなって正確なデザインがわからなくなりました。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック