ベリーと言うものの

自宅庭のポットで育てているジューンベリー。
6月(ジューン)に赤い実を稔らせるバラ科ザイフリボク属の小低木。
ヒヨドリの大好物で、おいしく熟す前にごっそり食べられてしまう。


P1070311.jpg

ワイルドストロベリーの1センチにも満たない実。
食用のイチゴと同じバラ科オランダイチゴ属。


P1070314_201706192022153fd.jpg

これらのベリーを、おいしいチーズと一緒にクラッカーに載せて・・・

P1070308.jpg

こちらは中井の畑のラズベリー。バラ科キイチゴ属。
キイチゴ特有の種が気になるが、甘酸っぱさが好まれる。

P1070503.jpg

畑の崖に自然に生えた桑の実。クワ科クワ属。
英名はマルベリー。ベリーと名乗っていてもイチゴとは遠縁だ。
このくらい黒いと、かなりの甘みがある。


P1070504.jpg

畑で増殖中のポンポンダリヤが咲き出した。
梅雨の雨に当たると、うどんこ病が発生するのが困りもの。

P1070485.jpg

大輪のダリヤも元気だ。
ダリヤは球根でどんどん殖えるのが嬉しい。


P1070500.jpg

陽ざしを避けて、キウイフルーツの棚の下で一休み。
最近買い求めた折り畳み式の椅子に腰を下ろして。

P1070480.jpg

プレゼントされた保温・保冷用のカップが重宝している。
断熱性能が結構あり、ワンタッチで使えるのがうれしい。


P1070483.jpg

ベリーと名乗っていても、イチゴの仲間でないものが多い。
ベリーと聞くだけで、初恋の味がする?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

べりー

ベリーって知らなくて調べてしまいました(^-^;
昔私が小さかった頃 桑の実やキイチゴをよく食べたものでした
今の子供達は見向きもしません

Re: べりー

yukiさん、今回食べた桑の実は信じられないくらい甘かったです。
最近、桑の実のジャムを見かけることがありますが、馬鹿にしたものではないと再認識した次第です。
でも、子供はもちろん大人も、山の桑の実は見向きもしませんね。

総称のようですね

ベリーとはその種の実の総称のようですね。欧米人らしい大雑把な表現です。
桑の実は高い(価格的に)というイメージがありますが、自生もしているのですか。
中国では桑の実が若返りの妙薬などとも言われているようで、甘くなければぜひ食べてみたいものです。
(ということで、意識して食べた記憶がありません。)

中井の畑、続いてますね。

Re: 総称のようですね

となりのじろろさん、以前はベリー=イチゴと思っていたら、かなり広範囲を指す言葉なんですね。
桑は、数十年前までは広範囲に栽培していただけあって、都市の中をはじめ、いたるところに自生しています。
鳥が種を運んでいるのですね。
美味しいうえに、若返りの薬なら、来年はたくさん食べてみます。

畑の作業は腰と相談しながら続けます。

「ヤマモモ」と「かいじ」

〇 伊東市を流れる大川の上流に、松川ダムがあります。人造湖 を望む斜面に、ヤマモモを見つけた。無数に実って、枝が垂れ  下がります。赤く熟しても、生食では酸っぱくって頂けない。
  自宅にてジャムに加工したところ、ヨーグルトに合いました。
〇 高校の1級先輩に、著名な漫画家、一卵性の川口兄弟がい  ます。横須賀駅に停車する「かいじ」は、彼と縁はなく、甲斐路を 意味する特急列車ですよね。
  横須賀駅は、欧州等に見られる引込線で入線する駅の仕様  に、今日的な価値があります。列車の真横に乗用車を横付けす る古風な貴族たちが今にも現れるようで、ドキドキします。
  上野駅も、そうした風情を残す駅の一つの筈です…が?

No title

子供の頃桑の実はよく食べました。
今でも、その辺でなっているところに出くわした時には、つい手を伸ばして食べてしまいます。
今では食べる人もいないので、「どろぼう」と言われることは無いと思います。(笑)

Re: No title

メイの家さん、実は街中で育ったこともあり、子供の頃桑の実を食べたことがありませんでした。
食べると口の中が赤黒くなるというのは、中井に住んで体験して初めて知ったのでした。
今は、誰も桑の実に振り向きませんね。

Re: 「ヤマモモ」と「かいじ」

賢ちゃん、この時季ヤマモモが鈴なりの実をつけますね。
畑のヤマモモの樹は昨年伐採したので、味わうことがかなわなくなりました。

横須賀駅は欧州風なのですね。
そういえば、上野駅も東北方面からの発着ホームからは、段差がなかったかも?
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック