ブルックスコーヒー

コーヒーを本格的な味で手軽に楽しむのがドリップバッグ。
一杯分のコーヒーが入った袋にお湯を注ぐ方式。
ブルックス製品なら一杯19円から飲めるのもありがたい。


P1070025.jpg

そのブルックス社の工場が、中井の畑に近い、秦野中井IC前にある。
工場(写真の左の建物)の近くには直営のカフェもある。
テラス席はバラに囲まれ気持ちよい。(以下の4枚の写真:昨年7月)

P1040924_2017052221262290b.jpg

中は明るくゆったりとした空間。

P1040922.jpg

コーヒーメーカーだけに、カステラ生地のお菓子もコーヒー豆風。

P1040920.jpg

嬉しいのは、足湯に浸かりながらコーヒーが飲めること。
綺麗なお嬢さんたちと一緒に混浴?はなんかこそばったい。

P1040923_2017052221271672d.jpg

こちらは足柄平野を睥睨する第一生命の元の大井本社ビル。
今はブルックス社の大井事業所となっている。
(以下の3枚の写真:本日)

P1070265.jpg

このビルの正面玄関に向かい合って、社員食堂だった建物がある。
今は売店と簡単な食事ができるスペースとなっている。
百人以上のお客さんが来ても大丈夫な広さだ。

P1070262.jpg

ビーフカレー510円は本格的な味だ。
コーヒー類は、同社のドリップバッグでセルフサービス。
何杯飲んでもコーヒー類は無料。

P1070261.jpg

60ヘクタールに及ぶ大井事業所の敷地は「未病いやしの里センター(仮称)」の計画地でもある。
健康関連の拠点となって地域が活性化するのを地元では期待している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

足湯でコーヒー

足湯でコーヒー 一寸ビックリです
でもそう言う発想っていいかも
私はスーパーの一番安い挽いてある粉を買っていますが
連日の暑さに負けて
昨日ペットボトル入りのアイスコーヒーを箱買いしてきました(^.^)

Re: 足湯でコーヒー

yukiさん、そうですよね、初めびっくりしました。
ながら属と言いますが、二つのことをいっぺんに楽しめるって最高です。
ドリップバックは一般に高価ですが、この会社はネット販売で安く提供したのが受けて、急成長しました。

No title

大井町のあの第一生命のビルが、今はブルックス社の大井事業所ですか、知らなかったです。
あの建物は目立ちますので、東名を走るたびに見ていました。
中に入れることも知らなかったです。
ビーフカレー510円、コーヒー類は無料、とは機会があれば是非ともいきたいです。

よく行きます

秦野に友人の家があり、寄った帰りがけなどにブルックスのお店にはよく行きます。
中井のお店は、東名の秦野中井インターにも近く便利ですね。
ただ、僕の場合はコーヒーはほとんど買ったことがなく、もっぱら木の実や豆類(くるみなど)の袋買をしています。
対して、大井の元第一生命ビルには近づいたことさえありません。山腹にそびえる異様な建物には、昔は恐怖さえ感じたものです。
でも、カレーは美味しそうです。今度行ってみたいとおもいました。

Re: No title

メイの家さん、東名を走ると目立ちます。
やはり本社は東京が良いのか、撤退は残念でした。
Brook社が元気なら新名所ができそうですが、断層帯が近いのも不安要因です。

Re: よく行きます

となりのじろろさん、このお店、以前はプレハブで質素なものでしたが、よくなりました。
若い女性や家族連れも多く、あの地域では異色です。
大井のあのビルには、入口の門から延々と登っていきます。
社員食堂をカフェにしたのでだだっ広く、元の職場の12階の食堂を思い出します。

No title

東名を走っていると目立つ建物ですよね。古いナビなので第一生命ビルと表示され、ずーっとそう思っていました。こんな素敵なところなら是非、寄り道したいです。

Re: No title

モモさん、ビルは東名のそばですが、その正門までは国府津方面にかなり走ります。
そして、戻る形で構内道路を登っていきます。
その周囲はよく手入れされていて、皇族の来訪記念碑などもあるようです。
帰りは、ビル裏手の門を出て、東名に沿って秦野中井ICまで走るのをお奨めします。
のどかな山里の風景が続きます。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック