瀬谷オープンガーデン

5月12日から14日まで「瀬谷オープンガーデン」が開かれた。
瀬谷区の主催で、区民に、自慢の庭を公開してもらうというイベント。


14日、相鉄線瀬谷駅で降りた。
駅そのものもさることながら、駅前が大変身している。
瀬谷は田舎というイメージだったのに。(区民の皆様すみません)


P1070227.jpg

駅前の案内所で、オープンガーデンのお宅案内マップを受け取る。
緑化フェア関連イベントだからか、お庭写真も付いた立派なものだ。


P1070228.jpg

マップを頼りに、オープンしているお宅を探しながら歩く。
この地域は畑と住宅が混在している。
県道わきに立つ「北向地蔵尊」。


P1070219.jpg

小道の四つ角に立つ「明治十年・・・馬頭観世音」。
そのバックにはピンクのつるバラ。
偶然にも、このお宅がオープンガーデンされている。


P1070216_20170515104029b37.jpg

門があけられていて、静かに入る。(チャイム不要)
庭中がバラで埋め尽くされている。すごい、綺麗、感動、感動。
手入れが行き届いた満開のバラの間をゆっくり味わいながら回遊。

P1070214.jpg

こちらのお宅では白く小さな花のバラが大きな樹になっている。
お庭出ていたご主人に「何というバラですか」。ご主人「よー、何という名前だ」。奥さん「野ばらよ」。
野ばらを、こんなに大きく仕立てたのを見たことがない。

P1070225_20170515104058807.jpg

オープンガーデンの多くは、花好きではあるがごく普通のお宅。
でもこちらのお宅は昔、製粉業をやっていたという地元の名家。
築百年以上の古民家の中まで案内してくれる。

P1070220.jpg

尾形光琳のカキツバタ屏風・・・
本物の金箔の上に、亡き夫の洋服生地でカキツバタを描いたと。
80歳を超えたと思われる奥様の手毬作品も陳列されている。

P1070223_20170515104119e44.jpg

こちらは異例中の異例と言ってよい森のような庭のお宅。
加えてこの門、なんと神奈川県庁の旧正門だと。唖然。
大正2年の庁舎建て替えに際し、この地に移設と石碑に。なぜここに?


P1070207.jpg

オープンしていたお庭の多くは高齢のご婦人が手入れをしていた。
花の手入れが少しでもボケ防止に繋がるかもと、少しの期待を抱いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

瀬谷オープンガーデン、行って見たかったですね。
誰にでも庭を見せるんですから、やはり自信のあるお宅なんでしょうが、やはりすごいです。
他人に見てもらえるというのは、庭の手入れをする人にとっては、とても励みになります。

私も五月の連休には毎年庭でバーベキューをするのですが、この時だけ芝刈りします。
あまりにも手入れをされていない庭を見て義父がバーベキュー前にせっせと手入れしてくれます。
毎年のことながらこれも義父のボケ防止にいいかと。(笑)

Re: No title

メイの家さん、皆さん自慢の庭なので何軒かは庭に出て説明をしてくれました。
おそらく普段から四六時中、庭の手入れをしているのでしょう。

義父のために庭の手入れ仕事を残しておくなんて、奥ゆかしい。
そのように解釈されていると良いですね。

公開できる庭とは・・・

実家も年一回、庭師に植木を剪定してもらっていますが、ガーデンと呼べるものではなく、隣家との境界の白塀を隠すために植えたようなものです。
家族以外に見る人はいないわけですが、維持のコストはそれなりにかかっているようです。

こんな立派な庭があるのでしたら、家主とすればぜひ見ていただきたいと思うのでしょうね。
ただ、公平とは言えぬ世の中。持てぬ身からのやっかみを買わないよう願うばかりです。

Re: 公開できる庭とは・・・

となりのじろろさん、オープンガーデンは欧米のまねなのでしょうか。
最近、あちらこちらでやるようになりました。
県下では、港北区や大磯町で先行しています。
わたしも気がかりなのは、見ず知らずの人に庭を開放するって防犯上はどうなんでしょう。
良い取り組みだけに、このご時世、問題が起きないような対策も必要と考えます。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック