秋田内陸線の旅(その2)

秋田内陸線の旅の二日目

昨日、車窓の景色を楽しめなかったので、赤の車両で阿仁合駅までバックした。
こうした機転は、連れの鉄ちゃん(私は違う)の十八番。


P1050995.jpg

阿仁合駅は、内陸線運営会社の本社のある駅。

P1060023.jpg

車両基地ともなっている。
サロン席も備える臨時列車。
最近まで急行用の車両であったのだが・・・残念。


P1060012.jpg

急行で終点の角館駅を目指す。
現在は、昨晩乗ったのと同じ車両で運行。
アテンダントの添乗解説(車内販売も)と、景色のよい所で徐行運転するのは評価したい。


P1060030.jpg

紅葉は盛りを過ぎつつあったが、結構楽しめた。
橋梁が多いが、トラスがない構造なので景色が見やすい。


P1060090.jpg

山間部はトンネルの連続でもある。

P1060095.jpg

昼前に角館駅に到着。

P1060059.jpg

雨の武家屋敷通りを歩く。
しだれ桜とカエデ類の紅葉。


P1060066.jpg

石黒家住宅を見学。
300円也。
手入れは行き届いており、展示物も豊富。一見の価値あり。


P1060068.jpg

昼食は稲庭うどん。
デザートに、いずれも栗を使った饅頭、モンブラン、プリン。
内陸線駅がある西明寺は、粒が大きいことで有名な栗の産地。


P1060078.jpg

再び、内陸線で松葉駅まで戻る。
内陸線よ元気で生きながらえてくれ。


P1060103.jpg

松葉駅からは、予約しておいたタクシーで田沢湖へ。
なんとも違和感のある辰子姫像。
これまでに3回、金箔を重ねたそうだ。


P1060110.jpg

ここからは路線バスで今夜の宿泊地、乳頭温泉郷の黒湯温泉に向かう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紅葉の東北めぐり

角館などいいとこ巡りですねぇ。乳頭温泉・・・はどうだったのでしょうか。
今回は、登場人物なしのグルメ等の報告なのがやや気になりますが・・しかたないですかねぇ。
いずれにしても羨ましいの一言!

Re: 紅葉の東北めぐり

青ちんさん、羨ましがってばかりいないで、紅葉巡りへどうぞ。
まだ、2日目までしか報告していないのです。
乞うご期待。

ローカル線

長旅、そしてアクシデントの連続でお疲れ様でした。
僕も自称”鉄”なので、こういうローカル線めぐりは好きなのですが、やはりどこも廃線の嵐で寂しい限りです。
営業係数が一定に及ばない鉄路は、国が路線を保有するなどで維持を図るべきなのだろうと思っています。廃止するのは簡単ですが、それがさらなる過疎を生み、ゆかしき村を潰していくのでしょう。
秋田のローカル線、今後も愛され続けて生き延びてほしいものです。

Re: ローカル線

となりのじろろさん、ローカル線、乗っているのは学生、老人と観光客。
一層進む少子化時代、老人観光客の役割が大です。
私は秋田の友人と時間を過ごしたのですが、連れは男鹿線もこなしてきました。

「鉄」の定義

>こうした機転は、連れの鉄ちゃん(私は違う)の十八番。

何をおっしゃる!
Shige Haruさまこそ、内陸線に乗りに行こうと思っただけで、十分「鉄」ですよ。

Re: 「鉄」の定義

高い柳の下の蛙さん、そうですか。
鉄ちゃんの資格ありですか。
そういえば、最近、電車・列車をみると、車体下部の型式表示が気になります。
ちなみに、いつもの中央本線各駅停車の電車は、115とか114と表示されています。
近々にこの型式が消えるという噂が心配な私です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック