秋田内陸線の旅(その1)

11月2日から4日まで秋田県の内陸部を南北に結ぶ秋田内陸線に乗る旅を楽しんできた。

当初は、その前日の寝台特急「あけぼの」で向かう予定だった。
しかし、低気圧接近で運行中止となり、急遽、東北新幹線「はやぶさ」に変更した。


P1050891.jpg

東京駅から3時間10分、新青森駅では、ねぶたのお迎え。

P1050895.jpg

乗り換え時間があるので、駅に近い三内丸山遺跡を見学。
入場料は無料。青森県さん太っ腹!
でも寒いこと。


P1050905.jpg

13時42分、奥羽本線の特急「つがる6号」に乗車。
秋田内陸線の始発駅鷹ノ巣を目指す。


P1050918.jpg

途中、あのハチ公の故郷、大館駅に停車。
先行する貨物列車が空転して動けなくなった、との車内放送。
「乗客の皆さまの救済を検討しています。」とも。


P1050922.jpg

1時間以上あって、救済とは乗客を目的の駅まで届けることと判明。
終点の秋田駅までの代行バスが用意された。
我々は途中の鷹ノ巣駅までなのでタクシーがあてがわれた。


P1050926.jpg

タクシーが鷹ノ巣駅に着いた時には日が暮れかかり、雨も強くなっていた。

P1050929.jpg

次の列車までは1時間半以上。
やむなく、駅前のシャッター商店街を探索。
店の中も外も雨靴。雪国なのだ。


P1050934.jpg

連れの一人は旅先では必ず菓子パンを求めるとのこと。
この先も各地で買い占めて?行った。


P1050931.jpg

私は、「馬肉のシチュー」、テレビの県民ショーで全国に知られたバター餅」、途中の笑内(おかしない)駅にあやかった「チーズ饅頭」を購入。
菓子パンを含め内陸線の応援につながる。


P1050973.jpg

17時42分、内陸線出発。
7色だかあるカラーのうちの黄緑ディーゼル車。1両編成。


P1050942.jpg

車内は学生で一杯。
中学生は一心不乱に宿題?
高校生は男女入り乱れて大騒ぎ。


P1050950.jpg

阿仁マタギ駅からは宿泊先の打当温泉の迎えの車。
遅い夕飯は、ウサギ肉の鍋、鮎の塩焼きと山菜。
生ビールとあつ燗で酔いが回った。


P1050965.jpg

念願の内陸線はとっぷり暮れた中での乗車。
紅葉もへったくれもない。アア・・・この続きは明日にでも書こう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鉄道のたび

失礼しました。その1に気がつきませんでした!まだ青森県、秋田県に入ったことがないので参考になります。切符は周遊券かなにかを利用したんですか?カエル電車があったらSHIGEHARU主宰はご機嫌だったことでしょう。

Re: 鉄道のたび

青ちんさん、切符は通常のものです。
でも鉄っちゃんがいろいろ工夫してくれました。
今度、ご紹介しましょうか。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック