リビングでトマトづくり

昨年11月に自然に発芽し、10センチほどに育ったマイクロトマト(昨年夏の様子→こちら)だったが、1月末には完全に霜枯れてしまった。
このように霜枯れる前の12月に、2株を鉢上げしてリビングに取り込んでいた。 


P1060422.jpg

すると2株は順調に育ち、花をつけ、・・・

P1060297_201702252222425b5.jpg

実を結んだ。

P1060300_20170225222253bec.jpg

本日、高さ60センチにまでなった。

P1060659.jpg

4つの実が真っ赤に熟した。

P1060656.jpg

そこで、夕食のポトフに添えた。
小さい実だが、トマトの旨味がぎゅっと詰まっている。

P1060668.jpg

こちらの苗は、ジュース用トマト。
昨年購入した株から種を自家採取し、1月に蒔いたもの。
もちろん、ずっとリビングにおいて育ててきた。


P1060660.jpg

こちらはコールラビー。
カブのような形をしたキャベツの仲間。
あと1月ほど自宅で育てたら畑に植える。

P1060661.jpg

冬の間、本当はもっと野菜や花をリビングで育てたい。
だが、リビングを温室代わりにするのは控えめにしないと・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

温室

リビング温室 羨ましいです
我が家は古い農家なので保温効果は望めません
ストーブを消したとたんに家の中は外と同じになります(^-^;

Re: 温室

yukiさん、日本家屋だとあまり保温効果は望めませんね。
コンクリート造りでもあり、朝方でも5℃を下回ることはまずありません。
その代わり、夏はエアコンなしでは過ごせません。
和洋のどちらがエコなのかな?

No title

2月なのに立派なマイクロトマトですね。「リビングを温室替わり」いいですね。邪魔にされるかもしれませんが試してみたいです。

Re: No title

モモさん、コメントありがとうございます。
こんなに成功するとは当初思っていませんでした。
コツは、①本葉が4枚くらいまでは室内に置き、②その後は昼間だけ外に出して日光を十分に当て、③虫がいないので手で受粉を助ける、ことくらいかな。(わたしのような暇人でないと厄介かもしれませんが。)
どうぞ、お試しあれ。夕飯に食べたトマトに種が入っていたら、すぐ蒔きましょう。

残りの株が・・・

後悔先に立ったず・・・でしょうか。
枯れた株も中にいれておけば、今頃はトマトに埋め尽くされ・・・
んなわけないですよね。

自分で作ったものは、作物でもなんでも、一番安心で美味しいです。

Re: 残りの株が・・・

となりのじろろさん、世の中、ほどほどでないと。
トマトに埋め尽くされるのは、私の願望ですが。

自分で作るのは楽しいです。
いよいよ、Nゲージのジオラマづくりを始めます。

No title

リビングでも園芸ができるんですね。
観葉植物を置くよりも合理的かもしれません。
うちは猫が食い荒らすので、寛容植物はトイレにいれていますが、トイレで育った植物は誰も食べないかな。
私は平気ですが。(笑)

Re: No title

メいの家さん、このマイクロトマトは丈は1メートリ以上にもなるでしょうから、立派な観葉植物ですね。
昔、筑波科学博で見たトマトの樹に度肝を抜かされたことを思い出します。
トイレ育ちのトマトはちょっとねー。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック