古アパートのシェアカフェ

京急線・日ノ出町駅前から伊勢佐木町を突っ切り、山手に向かう広い通りがある。
その切通しに架かる赤が印象的な打越橋。
昔、この下を市電が少し先の山元町まで走っていた。


P1060266_201701132057058b8.jpg

この橋のたもと(西側)にある古ぼけた(失礼)アパート。

P1060277_20170113205746a35.jpg

その前の立て看板に「ASARI CAFE 木よう日」とある。
怪訝そうに見ていたら、女主人が出てきて、覗いてみろという。
1階の一部屋がカフェで、曜日ごとに経営が変わるシェアカフェだと。

P1060280.jpg

5段ほどの石の階段を上って・・・

P1060279.jpg

中に入ると、まさに昔よくあった木造のアパート。
廊下を挟んで4つほど扉が並ぶ。
入ってすぐ左の扉がカフェ。正式にはブラフテラスヨコハマ。


P1060276.jpg

廊下の片隅に並んだ電気のブレーカー。
他の部屋もシェアハウスとして活用されている。


P1060284.jpg

カフェは手作り感満載のスペース。
カウンターとテーブルに8人も座れば一杯。

P1060271.jpg

ASARI CAFEさんはコーヒー270円。
曜日ごとのシェアなので、日によりメニューのコンセプトも変わる。

P1060273_20170113210002512.jpg

この日、居合わせた人が注文したのは坦々胡麻鍋ランチ。
温まりそう。

P1060285_20170113210016cf0.jpg

シェア方式だけに、ほとんど資金ゼロ、賃料だけで開店できる。
現在、日曜日以外すべて埋まり、いずれも女性がシェアしている。

P1060294.jpg

居合わせた女性客とも話がはずみ、女主人に笑顔でお見送りを受けたが・・・再び舞い戻った。
アットホームすぎて、270円を払い損ねていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シェアハウスならぬシェアカフェというのがあるとは知りませんでした。
曜日により、お店、というかメニューが変わるというのも面白いですね。
既成観念にとらわれない自由な発想による新たなビジネスの芽を感じます。

位置関係が・・・

またまた我が家に至近の情報です。
打越橋のどのあたりでしょう?と、思って調べたら、ホームページにたどり着きました。

http://bluff-terrace.com/share-cafe.html
場所は唐沢とのことなので、打越橋から続く尾根の上にあるのですね。
しょっちゅう前を通過しているのですが・・・
平日に尋ねるのはハードルが高いですが、古アパートの利活用モデルとして、ぜひ行ってみたいと思いました。

Re: No title

メイの家さん、世の中には頭の柔軟な人がいるものです。
このシェアシステムを考えたのは、横浜市大の非常勤講師もやっている岡部友彦という人で、街の資源を活用し、新たな産業を創出する仕事に携わっているのだとか。

Re: 位置関係が・・・

となりのじろろさん、私は唐沢という地名を今回初めて知りました。
唐人が住んだ街だったのでしょうか。
高台なのでランドマークタワーが一望できます。
住まなくなった家は、壊したり売却するのでなく、知恵を凝らして貸すという手がありますね。

シェアカフェ

へぇ~ シェアカフェねぇ
初めて知りました
都会には何でもありなんですねぇ
素晴らしい発想と思いますが
お客さんは入るんでしょうか

Re: シェアカフェ

yukiさん、私もこのようなシステム初めて知りました。
カフェをやりたい素人がトライするのに手ごろなのです。
訪ねた午前中のお客は、私を含めて3人。
全くゼロの日も多いようです。
口コミで徐々に広がっていくのでしょう。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック