寅次郎真実一路

年末から正月にかけて寅さんのDVDを堪能した。
松竹映画「男はつらいよ」は、1969(昭和44)年から1995(平成7)年までの26年間で48作品。

P1060247.jpg

その第34作「寅次郎真実一路」。
マドンナは、人妻役の大原麗子(美しい!)。
その旦那で証券会社の課長役が米倉斉加年。仕事に疲れている。
(写真:DVD付録の解説冊子から)

P1060248.jpg

一文無しの寅さんは飲み屋で米倉斉加年と意気投合。
酔いつぶれた二人は、つくば市南部の新興住宅地にあるその自宅へ。
マドンナに心奪われた寅さん、近くの筑波神社へ。
(写真:2014(平成26)年5月)

P1010586.jpg

そこで寅さん恒例の啖呵売。「四谷赤坂麹町ちゃらちゃら流れる御茶ノ水・・・」と、健康サンダルを売る。
その横で本職の?ガマの油売り。さすがの寅さんもたじたじ。
(写真:2014(平成26)年2月、上野駅構内)


P1000681_201701081703396bd.jpg

数日後、米倉が失踪したとマドンナから電話。
寅さん、渡りに船と「人妻と行く禁断の(?)九州探索旅」。
東亜国内航空(懐かしい)で鹿児島へ。二人は、鹿児島市電に乗って探索。
映画に出てくる600形が今も健在なのはうれしい。
(以下の写真:2010(平成22)年4月)


P1020227.jpg

当時と変わったのは、市電の線路敷の様子。
桜島のシラスを敷き、芝生を植えたグリーンベルトに変身している。


P1020193.jpg

さて映画では、二人は米倉の実家がある枕崎へ。
乗るのは、赤色キハ40系と国鉄色キハ67系の2連のJR指宿枕崎線。
現在はキハ220形などに交替。


P1020119 指宿駅

車窓には開聞岳の景観。
かいがいしく接する寅さんに、憔悴のはずのマドンナが心なしか楽しげに見える。


P1020069.jpg

終点の枕崎駅で寅さんらは駅舎から出てくる。
でも、現在は駅舎のないホームだけの無人駅。(本記事の末尾に追記あり)
当時、駅舎を所有していた鹿児島交通線の廃止直後で、かろうじて駅舎が残っていた。
結局、米倉が無事戻り、寅さんは大失恋の痛手をおって旅に出る。

P1020051.jpg

寅さん映画の見どころの一つに、山田洋次監督の鉄道趣味。
本作のラストシーンは、寅さんと相棒(関敬六)が、とある駅で列車を待つが、ちっとも来ない。
来ないわけで、待っていたのは鹿児島交通線の駅で、廃止直後で線路は外されている。
諦めた二人は、枕木だけ残る廃線敷を歩いて旅を続ける。

(2017年2月9日、追記)撮影後の2013年に駅舎が作られたことが新聞で判明。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感想と現実と

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

寅さんはほとんど見ていませんが、DVDのライブラリは、ひとつの文化遺産といえるのかもしれませんね。

今日も島根の一畑電車の記事がありましたが、80数年ぶりの就役よりも、旧車の覆刻の方がネットでは賑やかでした。
古い映画の一シーン。。
横浜在住ですと、市電の面影など随所に見ることができ、なかなか感慨深いです。

Re: 感想と現実と

となりのじろろさん、今年もいろいろと教えてください。
寅さん映画には古き良き日本が詰まっています。
農村の風景、行事、風習、乗り物 etc

一畑電車でイベントがあったのですか。
一度、乗りに行きたいと、時折TVの録画を見返します。

No title

寅さん映画のストーリーに沿った手持ちの写真があるというのは素晴らしいですし、このように組み立てるアイデアも素晴らしいと思います。
感心しました。

米倉斉加年も大原麗子も関敬六もみんなあの世の人になりました。
元気なのは山田洋次監督だけですね。

Re: No title

メイの家さん、今回で寅さんシリーズは3回となりました。
DVDを見るたびに、映画の内容をブログに仕立てることを考えています。
大原麗子の早すぎた死は残念でした。
考えてみると、あまたの俳優、大女優を使う監督という仕事はすごいです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック