The Year End LIVE

友人の店(→こちら)で「The Year End LIVE」と称した忘年会が開かれた。
このポスターはその友人の娘さんの手によるもの。


P1060202_20161229001238e9d.jpg

歌はむらい千晶さん、ギターは鈴木敏幸さん。
ジャズのスタンダード曲と日本語の詞に魅せられたという曲、全20曲。
お二人は今日が初共演なのを感じさせない息のあったステージだ。

P1060206.jpg

友人が声をかけたのは、中学校時代からの仲間と馬車道商店街の面々。

P1060192_201612290027014ad.jpg

普段は眼鏡とカフェの店内に30人ほどが入っても、さほど狭さを感じない。私にとって生でジャズを聴くのは初めてかも。
日本語の詞では、中島みゆきの「糸」が選曲されていたのもうれしい。

P1060208_201612290048287b5.jpg

これだけの人数ともなると、裏方さんたちも大変。
店のスタッフが、アルコールやオードブルの用意にフル稼働。


P1060191_20161229002221224.jpg

時と場所は変わって、2011(平成23)年10月、農の里の丸一山荘。
知人の手を借りて4種類の楽器を使った囲炉裏端コンサート。
「イルカに乗った少年」「ジュピター」など10曲ほど。


P1020748.jpg

里の住人の半数近くが集まったのにはびっくり。
演奏に続いて、囲炉裏端で遅くまで酒盛り。
これがきっかけで私は里で認知されたようだ。


P1020745_20161229002108b2f.jpg

その翌年4月、里の公民館で楽器演奏と歌う会を開催。
歌の指導に、職場の合唱団の歌姫3人の手を(口を?)借りた。

P1040378.jpg

曲名の下の数字は、みなで歌う曲のアンケート数。
確か6人以上が希望した曲を歌った。
ラストは里の恒例だという「ふるさと」だった。

P1040379.jpg

農の里のお年寄りたちも感動していたが、やはり生の音楽はいい。
気軽に音楽に触れられる贅沢が贅沢でなくなるように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

忘年会

生バンドで忘年会ですか 羨ましいです
女房にこの記事の事話して
「俺も生バンド聞きながらウイスキー飲みてえ」と言ったら
お父さんは演歌でコップ酒だべぇ 生バンドは似合わね
って言われました (^-^;

Re: 忘年会

yukiさん、コップ酒には演歌が一番。
♪つがるかいきょう ふゥゆげーしき
でも、当日、秋田の一升瓶を抱えていた人もいましたよ。
最初の数曲は静かに聞いてましたが、すぐ思い思いのアルコールを楽しみました。

No title

準備の裏方さんたちの支えがあってこそ盛り上がるものです。
ありがたいことですね。

農の里のコンサートも、見るからに暖かさに満ち溢れていますね。
そして、選曲もいいですね。

私も、友人であり、また隣家の旦那でもある人がジャズピアニストをやっている関係で、彼が演奏するときは生でジャズを聴ける店に結構行きました。
生はいいものです。

Re: No title

メイの家さん、お隣さんがジャズピアニストとは。
関内あたりのお店で演奏があれば行きたいです。
横浜はジャズが似合うと言います。

農の里のコンサートは第3弾まで企画しました。
ところが、中央高速トンネルの崩落事故で中止になり、そのままとなってしまいました。

懐かしい丸一の風景

郷のコンサート、既出ではありますが、丸一で合宿したあの日を思い出しました。楽しかったです。

大岡川沿いのお店は、喫茶だけでなくアルコールも出るのですか。
近いので、機会があったら寄ってみたいと思います。

Re: 懐かしい丸一の風景

となりのじろろさん、丸一山荘での合宿、再びできるよう頑張ります。

眼鏡とカフェの店、ぜひ寄ってみてください。
その際は、私の師匠だと言って。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック