おしゃれな代官山

東急・東横線で渋谷駅のひとつ手前が代官山駅。
駅の近くに蔦屋書店を中核とする「代官山-T サイト」がある。
書店では本を手に取りながらお茶が飲める。


P1060143.jpg

数棟の建物の間にゆったりとガーデンが配置されている。
こんなに広い敷地、以前は何だったんだろうか。


P1060141_20161223160906b31.jpg

開発の際に出た大きな自然石は庭石として活用されている。
この金属、形からして犬を繋ぎ留めるものらしい。


P1060157.jpg

ここを訪ねた目的は、「笠谷耕二展」。
身の回りのものを、陶器に彩色してユーモラスに作りあげる。
仲良く抱き合ったバナナの皮、組体操のように組まれた食パン・・・
陶器とは思えない出来に、しばし見とれてしまう。

P1060176.jpg

一方、ガーデンのそこかしこに大きな鉢植えの植物が全部で62個も。
こちらは、プラントハンター・西畠清順氏による「生きる植物図鑑」。
推定樹齢200年の「オリーブ ホジブランカ」


P1060142.jpg

恐竜時代から生き延びている巨大シダ「ディクソニア」。
タスマニア島から政府の許可を得て日本にやってきたもの。

P1060158_20161223160948923.jpg

普通は冬に落葉するのだが、これは「常緑ヤマボウシ」。
赤い実が落ちていたので拾う。自宅で蒔いて育てるのだ。


P1060139.jpg

道向かいはエジプト大使館。
大理石のスフィンクス?、神社でいうと狛犬か。
デンマーク王国大使館も近い。


P1060150.jpg

お上りさんふたり、おしゃれなレストランでランチ。

P1060144.jpg

コーヒーはポットに入って出てきた。
二杯分、熱いコーヒーを味わった。


P1060148.jpg

ユニークな陶器と植物の生命力に触れ、横浜にはない空気を堪能した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

陶器ですか

このバナナの皮も陶器なのですか。本物に見えますね。
代官山駅は、20数年前、友人宅を訪ねるために下車したのが唯一の利用経験です。そのときはホームが短く、後ろの2両のドアが開きませんでした。
今の代官山は、とてもおしゃれな街に変わっているのですね。
やっぱり東横線沿線は永遠の憧れです。

No title

陶器でできたバナナとは驚きましたね。
エジプト大使館は、いかにもエジプトですね。
代官山はテレビでは、おしゃれな街としてよく見ますが、行ったことないので、行って見たくなりました。
さすがに東京。

Re: 陶器ですか

となりのじろろさん、バナナの皮もすごいが、古い段ボールの箱も本物と見まがうばかり。
そうでした、昔、代官山駅は小さくて寂しそうな駅でした。
その頃から、東横線はハイソな香りで、京急線はジャンパーのおじさんの匂いでした。

Re: No title

メイの家さん、エジプトを主張しているかのような門構えでした。
大きな町の隣の街というのは、生活しやすいんではないでしょうか。
おそらくちょっと裏通りに行けば、昔ながらの商店もあったりして。
ゆっくり探検してみたい街です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック