私のSLアルバム(動態保存機編)

1976(昭和51)年を最後にSLは姿を消した。
しかし、それを惜しむファンの声をバックに各地で復活を遂げている。
私のアルバムから、これまでに出会ったSLの雄姿を紹介しよう。

2001(平成13)年11月、茶畑を行く大井川鉄道のC11-312。
残念ながら、その後廃車となってしまった。


PICT0327.jpg

同日、千頭駅で白煙を吐きながら入替中のC10-8(左)とC11-227。

PICT0314.jpg

2005(平成17)年8月、磐越西線・津川駅(新潟県阿賀町)近くのC57-180(SLばんえつ物語号)。
50年以上前、少し上流にある昭和電工・鹿瀬工場からの水銀を含んだ排水がこの阿賀野川を汚染して、新潟水俣病を引き起こした。

FH000001.jpg

2007(平成19)年5月、東海道本線守山駅のC56-160(北びわこ号)。
寺巡りの旅の時、偶然駅で出会ったのでパチリ。


PICT0986_20161212143857f69.jpg

2010(平成22)年4月、肥薩線人吉駅の58654(SLひとよし)。
動輪の数を示すCやDが付かないのは古い機種の証拠。


P1010850_201612121439483c0.jpg

熊本から走ってきたSLひとよしは、ここ人吉で折り返す。
その点検作業を車庫の外から見守った。


P1010870.jpg

2014(平成26)年9月、2度目の大井川鉄道。
C11-190に新金谷駅から千頭駅までの全線に乗車。
これが、中学生の時以来、初めてのSL乗車。(前出はすべて撮影のみ)
この時のブログ記事→こちら


P1100072.jpg

新金谷駅の車庫でボイラーの蓋を開けて点検中のC56-44。
間近で点検作業を見学できるのは嬉しい。

P1100049.jpg

子供の頃、母の実家を訪ねる御殿場線でよくSLに乗った。
全国の十数路線でSLが復活運転している。
なんとかして技術を継承してSLを存続していってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嫁の故郷

お久しぶりです。金谷に行かれたのですね。大泥棒の日本駄衛門のいた金谷の地は嫁の実家があります。JR金谷駅から旧東海道を大井川に向かって行く途中、本陣跡の近くです。一時はそこから職場まで新幹線で通ったこともあります。娘も金谷の幼稚園に行きました。休みの日にはSLに乗り、トロッコ列車に乗って大井川を遡って遊びに行ったものです。もう30年も前のことですが、とても懐かしく思い出されます。昨年1月に法事で新金谷に行き、立ち寄った駅前のお土産屋さんで昔のポスターが並んであったのを見たような記憶があります。高台の茶畑には国の茶業試験場ありました。第二の故郷でもあります。

Re: 嫁の故郷

エメンさん、西に東に大変ご活躍だったのですね。
金谷の宿は、川止めがあると賑わったところなのでしょう。
その本陣近くともなると、さぞやご実家は旧家かと推量します。
トロッコ列車は千頭の先、景色が一層素晴らしいようですね。

SL

私の小学校の修学旅行の想い出
新潟が修学旅行先
喜多方からSLの乗って行きました
トンネルに入る前に窓を閉めて
出ると開けて 何度も繰り返しました
懐かしい思い出です

Re: SL

yukiさん、ブログの磐越西線で修学旅行だったのですね。
御殿場線でも、山北駅から先はトンネルが多くて大騒ぎでした。
混合して走っていたディーゼル列車に比べ、連結の車両数が多くてゆったり座れのが嬉しかった。
乗車扉が閉まらないまま走り出すのは、子供ながらに違和感も感じました。

No title

私の子供時代は、保存ではなくて、毎日の足としてSLが走っていました。
高校にもSLで通学しました。
本州最後のSLが走った日も、よく覚えています。
なにせ高校三年生だったので、写真を撮りに行きました。
SLには乗り物というい以上の、何か不思議な魅力があります。

Re: No title

メイの家さん、同じSLに乗り合わせる女学生に、心をときめかせたりしていたんでしょうね。
カラオケで古い歌を歌うとき、時々SLが出てきます。
舟木一夫の♪修学旅行など。
昔の学生とSLは良く似合います。

No title

明けましてお目でとうございます。中井町井口からの箱根山越えの富士山懐かしいです。平成二十年まで転々と転勤して定年後は、ゆっくり自宅に落ち着いた時の震災でした。再び解体作業に駆り出されました。まだ仕事に使ってくれるので有難いです。

Re: No title

熊憲さん、遠い地からのコメント嬉しいです。
SLひとよしを撮影した時はお近くの熊本空港から行きました。
震災の後始末の仕事に従事されているとのこと。
重機の操作をされているのでしょうか、お体を大切に。お互い無理はききませんよね。
最新ブログの富士の写真にある水色の家の左隣りが熊憲さんがいらっしゃった場所。
現在のお住まいもこのように気持ちの良いところなのでしょうか。
神戸のように皆様が早く元の生活に戻れることを願っています。
今後もブログでの交流、よろしくお願いいたします。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック