生きている壁

神田での用事の後、日本橋を経て東京駅まで歩いた。
八重洲口の改良工事が終わり、モダンに生まれ変わっている。
やや!駅前に見慣れないものが・・・それもフサフサした緑の毛まで!


P1060026.jpg

反対側から見ると、八重洲通りをバックに緑の島になっている。
この物体、地下街の換気塔か何かか?
その表面にスゲの仲間の植物を植え込んでいるのだ。


P1060028.jpg

駅の壁(裏側は新幹線ホーム)に沿ってペデストリアンデッキも完成している。
この緑化壁の中段の植物はヒューケラ。葉色が豊富で花も咲く。


P1060029.jpg

丸の内側にある三菱地所の「丸の内ブリックスクエア」。
再建した三菱1号館(写真のレンガ調の建物)との間の緑の柱。
いろいろな種類の植物が植わった柱。圧倒的な存在感である。
(写真:2014年6月)


P1010962.jpg

横浜松坂屋の跡地にできた「カトレヤプラザ伊勢佐木」。
工作物を覆うように、つる性の植物で緑のカーテンができている。
「ゆず」の路上ライブが再現できたらなあ・・・
(写真:2016年10月)


P1050563.jpg

東名高速道路・足柄SAのトイレ横の休憩スペース。
まるで絵画の趣。それも季節により色調が変化する絵画。
(写真:2016年11月17日)

P1050873.jpg

P1050876.jpg

相鉄線西横浜駅近くのマンション「セルアージュ西横浜クリエール」。
販売主は、県内でマンション分譲を展開している㈱日本セルバン。
道路に面した1階の壁面を緑化したことを売りにしている。
サツキまで植え込んであるので5月はさぞや見事だろう。
(写真:2016年9月)


P1050281.jpg

この残念な姿は、静岡市内の駐輪場の壁面。
何が原因でここまで完璧に枯れたのだろうか?
(写真:2016年7月)


P1040934.jpg

近年、壁面緑化の技術が進歩してきている。
植え込まれている植物も多彩で見ごたえがある。
土のないところで生きる植物・・・最近のマンションっ子と同じ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コンクリートの壁が呼吸し始めましたねぇ
壁にオアシスができて癒されます
家の中の壁にも応用できそうですね(^.^)

Re: 壁

yukiさん、まさしく壁が呼吸しています。
やはり緑は癒されます。
マンションの壁を緑化した販売会社さんは、他の物件ではいずれも屋内(ロビー)だけのようです。
屋外の壁の緑化は通行人にとってうれしいものです。

ロフトな緑

殺風景でロフトな壁も、生きた緑で覆えば奥行き感が出て、なんとなくですがホッとする空間に変わりますね。
壁の緑といえば、昔なら蔦を連想したものです。
「蔦の絡まるチャペルで~」を思い出しますが、実際の蔦が密集した建物には、あまりいいイメージをもっていませんでした。
時代は変わっていくものですね。

No title

うちの近所の空き家は、つたが大量に絡まり、大変なことになっています。
散歩していても時々こういう緑に覆われた空き家をみかけます。
ビルを意図的に緑化しているのは好感が持てますが、廃墟の緑はどうにも困ります。

今度、空き家が緑に覆われた写真を集めてアップしてみようと思います。(笑)

Re: ロフトな緑

となりのじろろさん、蔦の壁で思い出すのは、昔、高校の国語の教科書に出ていた話・・・
 ある若者が重い病気で入院していた。
 その病室から見える壁に蔦が絡んでいて、冬に向けてだんだんと葉を落としていた。
 「あの葉が全部落ちたら僕は死ぬんだ。」
 そして、最後の1枚になった晩、 強い風が吹いた。
 「明日の朝にはあの1枚の葉も落ちていて、僕は死んでいるんだ。」
さて、若者の命は?また、最後の蔦の葉は?

Re: No title

メイの家さん、古い建物にツタが絡まり、秋には紅葉しているのは好きです。
でも、最近はツタで覆われた廃屋を見ることが多くなってしまいました。
この場合は恐ろしさを感じてしまいます。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック