ハロウィン

10月31日はハロウィン、西洋の秋の収穫祭だそうだ。
渋谷などでは大変な騒ぎになっているが、横浜・元町では子供が主役。
あちこちの店頭に仮装した子供たちの大行列。


P1050790.jpg

やはり仮装の魔女やお化けからお菓子を受け取る。

P1050797_20161101000241142.jpg

どうやらお菓子のグレードと行列の長さが比例しているようだ。
このお店が最も長い行列で、抽選に当たるとかなりの景品らしい。

P1050806.jpg

裏通りのお店ではほとんど行列しないでお菓子がもらえていた。

P1050809.jpg

有名なお菓子屋さんのマスコットの縫いぐるみ。
さて、この商店街にこのお菓子屋さんあったっけ。


P1050802_20161101000304f1c.jpg

こちらのママさんたちは正々堂々と変身中。
写真撮らせてと言ったら、「はい、どうぞ」とポーズ。

P1050792.jpg

陽が傾いてきても人出は増えるばかり。
ハロウィンが終われば、商店街はクリスマスモードに入るのだろう。


P1050810_20161101000349e37.jpg

さて、数日前、ハロウィンのシンボル=ジャック・オー・ランタンづくりに初挑戦。
なんとも不気味で怖いちょうちんに仕上がった。

P1050763.jpg

お隣に声をかけたら、アナ雪の衣装をまとった可愛い魔女さんがお菓子をもらいに来てくれた。

P1050780.jpg

バレンタインと同程度の経済効果までに広がったというハロウィン。
この先、日本人はどんなお祭りを生み出すのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

元町はこんな事になっていたのですね!賑やかなのも楽しそうですが、私は、闇夜に怪しい顔が揺らめくお隣の“とうがんお化けの館”の佇まいが、より好きです。いつもありがとうございます。

Re: タイトルなし

昆布さん、コメント嬉しいです。
分かりましたか、トウガン。
あまり馴染みのない野菜なので。
次回は、このトウガンを題材にする予定ですので、引き続きブログウォッチングしてください。

ハロウィンなら川崎

もともと、日本でハロウィンがはやり始めたのは川崎駅前の取り組みからだと聞いたことがあります。
川崎のハロウィンは嫌々ながら(群衆が苦手なので)行ったことがありますが、元町もこんなイベントをしてたのですね。
子供はおしゃれ?ができてお菓子がもらえて、いい思い出になったことでしょう。
でも、お作りになったランタン、カボチャには見えない・・・と、思っていたら、昆布さんのコメントで冬瓜とのこと。やっぱり。。

Re: ハロウィンなら川崎

となりのじろろさん、横浜が日本初なものはたくさんありますが、川崎発は珍しいですね。
家々を訪ねてお菓子をもらうという行事は、昔から地方にはあるようですが、お店ごとに待ちかねて競うようにお菓子を配っているのは違和感は感じました。

かぼちゃランタンが普通ですよね。
でも、ハロウィンが始まったその昔はカブだったとか。
それがアメリカではふんだんにあったカボチャになったのだとか。
私のうちには、いまトウガンがふんだんにあるのです。

No title

昨年は、川崎にハロウィンを見に行きました。
そしたら、妻が見るだけではつまらないと言って、今年は出場するというので、どうなるものかと思っていたところ、娘のドタキャンにより中止になりました。

さすがに元町は、上品なハロウィンですね。
10/31に横浜駅で渋谷に向かう扮装した人たちを沢山見ました。
最初からあの格好で電車に乗るんだから、世の中変わったなあ、と思います。

Re: No title

メイの家さん、奥様、結構新し物というか、はやりもの好きですね。
中年の奥方のハロウィンふん装は、元町では見ませんでしたが。
根岸線の車内は、可愛い子供たちのふん装で華やいでいました。
平和を感じた一時でした。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック