農の里に新住民

1年ぶりの農の里。
この季節、おいしい学校の近くではリンゴが赤く色づいている。

P1050749.jpg

JRの最高地点、野辺山では紅葉をバックに小さなSLが白い息を吐く。
ここはSLランドという遊園地。
かつて台湾で活躍していたSLが子供たちを乗せて余生を過ごしている。

P1050728.jpg

人口減が続く農の里に、若い夫妻が住み着いていた。
ご主人は革製品の職人さん。
皮を縫ういろいろな色のボビンが窓辺を飾る。

P1050689.jpg

大小様々なバッグ類やチョッキを作っている。

P1050687.jpg

P1050691.jpg

P1050693.jpg

まだ1年も経たないのに、里に溶け込んで暮らしている。
家の前で野菜を作り、暖房用のマキも積みあがっている。
若い人の移住に里の人たちも喜んでいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

驚きました

農の里に若い移住者ですか。
なぜ、かの地を選んだのか、ぜひとも伺ってみたいところです。
空気も水も美味しいのはわかりますが、生活するとなると・・・
その決断に拍手をお送りしたいです。

Re: 驚きました

となりのじろろさん、手に職を持っているということはいいですね。
不便な土地でもネットで繋がる時代、気に入ったところに暮らせる可能性があるのです。
里の冬の寒さは厳しいです。
そのことを覚悟しての薪の準備に励んでいました。

この方のブログにリンク張りましたのでご覧ください。

お久しぶりです

ご無沙汰しております。
ブログご活躍ですね。私は現在、伊勢原の大山南麓?で第二東名建設予定地で文化財発掘作業(スコップとシャベルによる穴掘り)を
やっております。たぶん長続きはしないと思います。

Re: お久しぶりです

青ちんさん、何をされているのかと思ってましたが、文化財発掘は社会貢献につながるお仕事。
その手があったかと感心しています。
心配は、大切な部分まで掘ってしまわないものか、ですが・・・
ぜひ長続きして貴重なものを掘り当ててください。

No title

何の制約もなければ、私もどこかの田舎、山間で温泉があればベスト、そんなところでのんびりと暮らしたいと思っています。
仕事とか、収入とか、便利さとか、そんなことばっかり考えて、今まで決断できずにきました。

若いご夫妻が移住してきたというのは素晴らしいことだと思います。
人口減が続き年寄りだらけのく地域の人たちにとっては喜ばしいことでしょう。
二人には拍手ですね。

Re: No title

メイの家さん、老後は田舎という人もあれば、便利な都会がいいと、人さまざまです。
この里は、車で15分以内に4か所も温泉がありますが、冬に道が凍れば車の行き来はままなりません。
このご夫妻は、近くの里にはこれまでも何回も来たことがあるとか。
ともかく、里に根付いてくれることを願っています。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック