幻のオリンピア

季節のブドウが届いた。
中井町に住んでいた時、お隣だったS先生宅からだ。
先生は当時、東京大学農学部付属二宮果樹園で研究(なかでもブドウ)と学生の指導をされておられた。


P1050102_201608271321063eb.jpg

いただいたのは、長野の生産者が作った「オリンピア」種。
東京オリンピックの年の命名で、聖火のような色合いとすっきりとした甘み、プリプリとした食感が特徴。
1979(昭和54)年の東京サミットで晩餐会デザートにも用いられた。
ともかく栽培が難しく、現在、限られた農園でしか作られていない。


P1050105_20160827132115d7c.jpg

先生に勧められた品種、マスカット・ベリーAを鉢で育てている。
食べてよし、ワインにもできるという兼用種。
今年は7房だが、もっと生ればワインにもしたい。


P1050055_20160827132124140.jpg

これも先生おすすめのスモモ・メスレー種で、庭植えしている。
スモモは1本では受粉しにくいが、この品種は1本でも実がなる。
今年は収穫の前夜、ハクビシン?に全部やられてしまったが。


P1010954_2016082713213344b.jpg

当時飼っていたニワトリの名古屋コーチン種。
卵肉兼用で、もちろん先生のお勧め。肉に解体するのも教わった。
休日に庭に放したら、先生宅まで遠征し野菜の芽を食べていたと聞く。
(写真:1983(昭和58)年夏)


PICT0138_20160827132200689.jpg

嗜好品でも先生の感化を受けた。
ペーパードリップで淹れるコーヒーを日に2杯は飲むようになった。

P1050124_201608271321473fb.jpg

果物を味わい、コーヒーで寛ぐという心の贅沢。
先生にはもっと果樹の育て方を教わりたかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

贅沢

よくぶどうのお話が出てきますが、お庭にも鉢植えがあったのですね。
ワインにしようとすれば、フルボトルあたり1キロのぶどうが必要と、勝沼のワイン工場で聞いたことがあります。
ほどよく発酵させるためには、樽単位の量が必要とか。
そうすると、ベリー種の一房が300グラムとして、
1バレル=159リットル×(1000/750)÷300= 706房必要?
計算がおかしいでしょうか・・・
でも、自家製のワインが飲めるとなれば、何をおいても美味しく感じることでしょう。
今の贅沢につながる、よい先生と巡り会えましたね。

Re: 贅沢

となりのじろろさん、丁寧な計算をありがとうございます。
実はこれまでに数房を使って、ワインに挑戦したことがあるのですが、酢になってしまいました。
計算のように大量に仕込まなければ駄目なのかもしれませんね。
でも、いつか収穫したブドウでワインを作ってみたいです。

No title

オリンピアねぇ、超高級なブドウ、全く縁が無く、知りませんでした。
ワインつくるには確かに大量のブドウが必要なんでしょうが、梅酒ならぬ葡萄酒、焼酎を入れるやつですが、これだったらそれほど沢山のブドウはいらないのではないでしょうか。
自分でやってもようかな。(笑)

Re: No title

メイの家さん、ブドウと焼酎で作る葡萄酒って聞いたことがありませんね。
理由は、ブドウはすぐに発酵してアルコール(葡萄酒)になってしまうからのようです。
でも、私はこれまで2回失敗していますが。
焼酎漬けの葡萄酒にトライした結果をお待ちしています(笑い)。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック