横浜地方気象台

現在、台風9号が私の家(?)をめがけて突進中。
この台風の国際名は「ミンドゥル」。
北朝鮮による命名で、意味はタンポポ。ミサイルでなくてホッ。


P1050096_20160822105645578.jpg

台風でもあり、撮りためた中から、外人墓地隣りの横浜地方気象台を紹介しよう。

P1040824.jpg

1927(昭和2)年、落成の旧館。現在は入場無料の資料館となっている。
20歳代の神奈川県技師による設計。当時はキング(本庁舎)の設計で忙しく、若手に仕事が回ってきたのだとか。


P1040823.jpg

1910~30年代に流行ったアールデコ調の様式美がうかがえる玄関扉。
玄関前のひさし(上の写真)についたギザギザに見える装飾も。

P1040820.jpg

落成当時からの大時計。
階段室前のアーチ状の壁もアールデコの特徴。

P1040821.jpg

一枚板の階段踏板が重厚である。
手すり一つ一つに施された幾何学的な装飾も見事。

P1040812.jpg

P1040814.jpg

渡り廊下で繋がった新館に気象業務を行う部屋がある。
きょうはさぞかし殺気立って働いていることだろう。


P1040813.jpg

動植物を使った気象観測でも時折話題になる。
横浜の桜の開花予報に使う標本木は見つからなかった。さて?

P1040806.jpg

30年ほど前、仕事でここを訪ねたことがある。
その時は薄暗くてかび臭い建物だとしか思わなかった。
もちろん親切にいろいろと教えてくれたのは言うまでもない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

中に入れるのですか?

港のみえる丘公園を経由して我が家まで、本牧方面からの裏道として無数に前を走っていますが、あの気象台の建物に入れるとは知りませんでした。
昭和の建築物は、明治大正時代のものと異なってあまり評価されないようですが、この建物はロフトな感じは残るものの、造形に手が込んでいてよい雰囲気が出ていますね。
横浜の桜の開花は、お隣の元町公園の標本木が基準になるそうです。でも、たくさんある桜の中のどの木がそうなのかは、実際に調べたことがありません。

Re: 中に入れるのですか?

となりのじろろさん、キングと同時代の建築物なので比較すると面白いと思います。

桜の標本木についての情報、ありがとうございます。
開花の調査に立ち会ってみたいです。

No title

横浜地方気象台は行ったことがありません。
こういう建物なんですねぇ。

昔は20歳代の技師でもこういう仕事をさせてもらえたんですね。
大変だろうけど、楽しかったでしょうね。

Re: No title

メイの家さん、若い人はなかなか大きな仕事をさせてもらえませんね。
この技師さんは寝食忘れて設計に取り掛かったのだと想像します。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック