マイクロトマト

中井の畑で、マイクロトマトの収穫が最盛期を迎えている。
直径がミニトマトの半分くらいしかないので「マイクロ」。
「小さいが結構うまいぞ。」と、貰った種から育てたもの。
ほったらかしで良いと言われたが、生育旺盛で芽を摘まないとジャングルになる。

P1050080.jpg

P1050076_20160814090546fd0.jpg

テーブル一杯の、昨日の収穫分。
ここからが大変。悪いものをえり分ける。
「まるで農家の夜なべ仕事だ。」


P1050082.jpg

P1050083.jpg

潰れてない熟したものがポリ袋で四つ。
近所に一袋おすそ分け。
問題は食べ方。今朝は卵と一緒にスクランブル。

P1050085_20160814090620ac6.jpg

P1050086.jpg

三日前から始めたのがドライトマトづくりの挑戦。
半分に切って(小さいのでこれが大変)、このために購入した干し網に入れて干す。

P1050048.jpg

P1050051.jpg

今朝、うまく干しあがった。
噛むと、トマトの旨味がジワリとくる。
パスタに、スープにいろいろ使える。
(左下の大きいのは、普通のミニトマト)

P1050088.jpg

お日さまの力は偉大だ。
ほかの野菜も干して、保存食にしてみよう。

マイクロトマトはスーパーでも見ない。
房のままサラダに飾ると見栄えがする(だろう)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小さそう

手で選果している写真から推測すると、直径はいいところ1センチ程度でしょうか。小さくてもこれだけたくさん収穫できるのでしたら、育て甲斐がありますね。
トマトのドライチップというのもあまり見かけませんが、写真ではとても美味しそうに見えます。

Re: 小さそう

となりのじろろさん、原種に近いトマトなんでしょう、実は1センチほどで、おそらく来年は落ちた実から勝手に生えてくるでしょう。
ドライトマトは酒のつまみにもなりそうです。

マイクロトマト

◎すっかりご無沙汰しています。
  小生の畑では、こうした立派な収穫は、隔年となっています。   マイクロトマトの種をご恵送願えませんでしょうか。
◎結局は、施肥が不十分なのでしょう。
  雑草との闘いで、マルチを更新しない「横着」が主犯です。
◎台風の被害はありませんが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
  台風一過、猛暑が来襲してきました。
  時節柄、十分にご自愛ください。

Re: マイクロトマト

賢ちゃん、種を採りましたらお送りします。
3月頃、暖かくしてまいてください。
100粒まくと、95粒は生えてきます。
よほどのことがなければ雑草にも負けないでしょう。

畑の日以外はエアコンの中、本(現代農業とか)を読むか、オリンピックを視ています。
お互い、暑さに負けませんように。

No title

マイクロトマトというのがあるとは知りませんでした。
一度も食べたことが無いです。
トマトよりミニトマトは栄養があるとのことですので、マイクロトマトなら、もっと栄養があるんだと思います。
利用方法は、いろいろ考えられますね。

Re: No title

メイの家さん、ともかく原種に近いものなので温室育ちのものと違って栄養価は高いかも。
小さくて面倒なのですが、せっせと生食しています。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック