休暇村・富士

めっきり歩かなくなった父の唯一の楽しみは温泉。
今月は静岡県富士市にある「休暇村富士」を訪ねた。
富士の西麓、朝霧高原近くの田貫湖に面し、部屋からの眺めも良い。

P1040703.jpg

休暇村とは国の肝いりで設置された宿舎で、全国の国立・国定公園に36施設ある。
休暇村協会の運営で、コンセプトは「自然とのふれあい」「環境に配慮」「地域への貢献」
例えば、髭剃りやシャワーキャップが必要な人は、フロントでもらう。「環境への配慮」

P1040706.jpg

これまで泊まった旅館・ホテルでお茶請けが冷蔵庫に入っていたのはここだけ。
しかも、別のお茶請けの菓子が卓上にも置いてある。

P1040707.jpg

温泉に入りに行くとき使えるかご。
こうした心遣いも、初めての経験。

P1040718.jpg

これはバスタオルを乾かすためのロープ。
バスルームにセットされており、ロープを引き出して使う。
旅館によくあるタオル掛けは小さくて、バスタオルは掛けられない。

P1040716.jpg P1040717.jpg

食事はバイキング形式。食材が多く、味もよく、これまででぴか一。
紅富士をかたどった蒲鉾。
館内のお土産ショップに同じものがあったので、地元の産物のようだ。


P1040711.jpg

少し甘みを感じるガンモドキ。
おそらく、富士の名水を使って作った地場産品だろう。
ロビーには野菜・果物の直売コーナーも。「地域への貢献」。

P1040713.jpg

食後、父を残してインストラクターが案内する蛍観察会に参加。
歩いて7~8分のところで、30人ほどの参加者と源氏と平家の蛍を観察した。「自然とのふれあい」
写真は、休暇村館山の、これも評判の貝拾い会の様子(今年3月)。

P1040164.jpg

バイキング会場には自由に使えるワゴンが置いてある。
ワゴンに乗せれば、父の分までいちどきに料理を選んで運べる。
重たいお盆を持てないお年寄りもワゴンを使っていた。
きめ細やかな心遣いに満ちた宿舎である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

絵のような風景

冒頭の写真はまるで絵画のようですね。
田貫湖に行ったことはありますが、こんなロケーションがあったのですか。知りませんでした。
休暇村は貧困男子の僕が旅(サイクリングが主)の際、重宝して使ったものですが、そういえばもう20年くらい泊まったことがありません。
こんな風景が見られるなら、この宿に一度行ってみたいと思ってしまいました。

Re: 絵のような風景

となりのじろろさん、田貫湖はダイヤモンド富士の撮影ができる所として知っていましたが、初めて行きました。
休暇村はとても料金がリーズナブルで気に入っています。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック