井ノ口墓の前遺跡

中井の畑を耕していたら土器の破片が出てきた。
耕作を始めたころにもいくつか出たが、久しぶりだった。
口径が30cm以上ある壺のようなもの口縁部で、黒く焦げ跡がある。
なぜこんな処から土器の破片が出るかというと・・・

P1040605.jpg

畑のすぐ東側に秦野と二宮を結ぶバイパス(県道)が通っている。
(中井町内は、片側2車線)


P1040599.jpg

1982年、バイパス工事に合わせて、上と同じ場所で埋蔵文化財の発掘調査が行われた。
(以下の写真4枚は、発掘調査時のもの)

PICT0132.jpg

その調査により中世の土葬の跡が見つかり、遺体も出た。
遺体の写真ははばかられるので、墓石(五輪塔)に替えた。


PICT0136.jpg

土器(正確には土師(はじ)器)。

P1040595.jpg

古銭(永楽通宝など全部で12種出たとのこと)。
これら2種の出土品は、当時、自治会主催の見学会用に私が調査団から借りたもの。

PICT0197.jpg

現在、調査地の脇に「井ノ口墓の前遺跡」の石碑が建っている。
ここは、数十基の五輪塔が林立する一大墓地だったと想定されている。

P1040603.jpg

この時の調査報告書が県埋蔵文化財センターにあるというので出かけてみた。
本ブログで取り上げたことのある浦舟水道橋(→こちら)のすぐそばである。
古びた建物は資料庫であり、その隣にセンターの本館がある。


P1040589.jpg

調査地周辺の埋蔵文化財地図を見ていてビックリした。
赤い星(27番)が発掘調査地で、緑の星が私が借りている畑。
畑は55番と37番の包蔵地に挟まれ、畑から土器の破片が出てくるのはこのためだ。
一方、青い星は私が1982年当時に住んでいたところ。
そうだったのか、埋蔵文化財の上に住んでいたとは!


P1040597-crop.jpg

開発により多くの埋蔵文化財が破壊されてきた。
次善の策として、調査し、記録し、見学会を開き、ときに現地にモニュメントを残す。
古人の生きた証を知るために。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

井ノ口墓の前遺跡というのは、中世の遺跡ですか。
五輪塔も多数あるということは、この地域の有力者が住んでいた地域なんでしょうね。
中世の財政力、軍事力は、田んぼの広さに比例しますので、中井町あたりでこのような遺跡があるのは、ちょっと意外な感じがします。

大豪族

本文にはありませんが、波多野氏由来の墓所なのでしょうか。
中世における阪東武士の雄として有名ですが、相模の国一帯を支配していたことから類推すると、比較的低地の山間だった中井に墓所を設けたのも頷けます。

当時のご自宅も、文化財の上というよりは、丑三つ時に甲冑姿のモノノフが枕元に・・・ なんてことはあるはずないですよね。考えすぎでした。

Re: No title

メイの家さん、発掘調査では平安初期の竪穴住居をはじめ、中世(室町あたり)の墓が見つかりました。
ただ、家康の関東入国に伴い、小田原城主・大久保忠世の領地になった時代以降しか歴史の記録がないそうです。
でも、温暖で、水利は良いこの地はそれなりに開けていたようです。

Re: 大豪族

となりのじろろさん、この地と波多野氏との関係を示す証拠はないようです。

私が住んだのは、葛川右岸の河岸段丘上であり、雑木林の葉が落ちると富士山が見えました。
発掘調査報告書には、そうした土地なので古くから人が住み着いたのでは?とも書かれていました。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック