大岡川磯子分水路

JR磯子駅の杉田よりに、首都高速道に繋がる環状2号の高架橋がある。
高架橋は、汐見台の崖にぶつかりトンネルとなるが、その下の運河は・・・


P1040536.jpg

その運河もトンネルとなる。
トンネルの先はいずこへ?


P1040535.jpg

環状2号の方はすぐにトンネルを出て、京急・屏風ヶ浦駅の脇を通り、打越立体に至る。(中央が本線で、両脇に接続道。)
ここでは金沢に向かう県道をまたぐのだが、県道に沿って大岡川(この辺りを笹下川とも)が流れる。


P1040529.jpg

大岡川は、打越立体のすぐ下流で広々とした取水庭と呼ぶ構造物となっている。
水は、普段はコンクリートの水路を通り、水門(写真左手)の下を流れ下る。


P1040516.jpg

しかし、洪水時には水路に沿う越流堰(高さ2mほど)から溢れ落ちる仕組みである。

P1040521.jpg

溢れた水は、このトンネル状の水路に入る。
そう、このトンネルが汐見台の崖直下で運河につながり、洪水を根岸湾に吐き出していたのだ。


P1040515.jpg

この取水庭のすごさは、その下部に根岸湾と逆の方向に別のトンネルが掘られていること。(写真、茶色く見える歩道の下に大岡川(緑に見える)と越流堰。その下の四角に口を開けたもの。)
それは、大岡川の支川の日野川からも洪水を受け入れるもの。

P1040512.jpg

取水庭を過ぎた大岡川は、上大岡で日野川と合流し、横浜の中心部を流れ下る。

P1040518.jpg

大岡川の上流部は根岸線の開通とともに巨大開発が行われ、洪水が頻発した。
取水庭の建設のため移転を余儀なくされた北見家についての石碑が現地に置かれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

川の上の構造物

川にもトンネルがあるのですか。堀を埋めたとか蓋をしたという感じとも少し違いますね。
分水路はわかるのですが、普通に流れる川のトンネルとは・・・?
ところで、横浜も土地が狭いせいか、川の上に道路が作られているところが多いですね。
我が家の近くの中村川も、首都高狩場線がほぼ全線覆いかぶさってます。

No title

へー、あの辺の川の仕組みというものを初めて知りました。
なかなか複雑に作られているんですね。
ただ、コンクリートの水路というのは、見た目にも面白くないです。
もう少し何とかならないものかと思うものの、その原因は巨大開発になるわけなんで、仕方ないですかね。

Re: 川の上の構造物

となりのじろろさん、このトンネルは洪水時だけ水が流れるので、普段は中を歩けるのだと思います。
そうやって、担当者は何年おきかに点検をしているのかな?

中村川は本当に悲惨です。
お江戸の日本橋もそうですが。


Re: No title

メイの家さん、分水路のことは知られていないですね。
何十年に一度の洪水への対応であり、大部分が地下トンネルということで。
こういう仕事は、道路や鉄道などに比べて地味です。
ちなみに、横浜市内といえども県の仕事です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック