そら豆

そら豆がおいしい季節となった。
秋に種をまき、寒さに耐えて成長を続け、
(写真は、霜で萎れている1月の状態)


P1090942-015.jpg

3月末ころから花をつけ

P1010162.jpg

5月には鞘を空に向けて実を太らせる。

P1040473.jpg

定番の食べ方は、何といっても塩ゆで。
ビールのつまみに最高。

P1040498.jpg

シーズンに1回は、ミキサーで滑らかにしたそら豆のスープ。
そら豆のうまみが口いっぱいに広がる。

P1040497.jpg

初めて妻が作ったのは桜エビとのかき揚げ。
駿河湾で獲れる桜エビもちょうど今頃がシーズン。
海と山の産物の色合いもきれいだ。

P1040496.jpg

そら豆は、未熟のころ合いで食べるが、一部は完熟させて来年の種用に保存する。
秋に種をまき終わった後、余った種を水につけて戻し・・・

P1040095.jpg

砂糖を加えて煮るとおいしい煮豆となる。
そら豆の場合、これを特に富貴豆と呼ぶ。
煮豆の中でも一番好きなものだ。(写真は途中段階)


P1040101.jpg

たくさん獲れるとそら豆も、ご近所におすそ分けする。
高くて手が出ないので、初めて食べるという人がいる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

塩ゆで

塩茹で美味しそうですねぇ
酒のつまみにもってこいです
数十年前私も自家用に作っていました
やっぱり塩茹でが一番でした

おいしそう

そら豆、いいですねぇ
僕も塩ゆで以外の食べ方は思い付きませんでした。
ただ、いつ以来食べていないか覚えていません。
スープにかき揚げ(煮豆は甘そうなので・・・)、それぞれの味わいがありそうです。

Re: 塩ゆで

yukiさん、野菜の季節がなくなった現代、その時季に、塩ゆで食べるのは贅沢な気もします。
雪の多い土地でもそら豆が作れるのですね。

Re: おいしそう

となりのじろろさん、煮豆以外ならそら豆の料理は食べられますね。
スープはレストランでもお目にかかったことがありません。
かき揚げはホックりして何と合わせてもおいしそうです。

No title

そら豆、おいしいですね。
かき揚げもありますが、私は何といっても塩ゆでが一番好きです。
これでビールは最高です。(笑)

Re: No title

メイの家さん、何といっても塩ゆでのそら豆とビールですね。
季節を味わうひと時です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック