熊本地震

この14日以来の熊本地震は、依然として心配な状況が続いている。
2010年4月に熊本電鉄・青ガエルに乗車の際、熊本城に立ち寄った。満開の桜の中、優美な姿だったが・・・

IMG_9506.jpg

1975年10月、新婚旅行の際、豊肥線・赤水駅頭で。
今回の地震で、回送列車がその赤水駅近くで脱線した。
大きな崖崩れ、学生寮の倒壊なども近くで起こっている。

PICT0091.jpg

中井町でご近所だった方が、現在、被害甚大な益城町の隣りの御船町にお住まいである。ご無事とは思うが、連絡はとれていない。
熊本の皆様のご無事を祈るばかりだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

会津の空の下から
震災に見舞われた九州地方の皆様に お見舞い申し上げます!!

僕も思い出が・・・

熊本空港からレンタカーで2泊3日の旅行をしたことがあります。やはり最初の訪問地は熊本城でした。
復元の城とはいえ、荘厳で見事な建築でしたが・・・

このメコメントを書いている今(4/18 20:45現在)も熊本で震度5強のテロップが・・・
まだこれほど大きな余震が続いているのですね。
復興という言葉の前に、まずは地鎮を願わずにはいられません。

Re: No title

yukiさん、みなさん同じ思いですね。
水、食料の不足、歯がゆいです。

Re: 僕も思い出が・・・

となりのじろろさん、熊本城の損傷はある意味衝撃的でした。
今回の地震の様相はこれまで経験のないものとか。
地震学が経験則で成り立っていることを改めて知らされました。

No title

熊本は三十年前に行ったきりで、最近はの様子はよくしりませんが大変なことになりました。
日本の災害の多さには日本人ながら驚きです。

Re: No title

メイの家さん、地震をはじめとした災害の多さをつくづく感じます。
世界でもまれといわれますが、それに耐えてきたのが日本ともいえます。
三浦断層が動く確率がかなり高いです。
備えが必要です。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック