浦賀のこて絵

ペリー来航の地であり、回船業と干鰯取引で栄えた浦賀には「こて絵」が多数残っている。
(本ブログのカテゴリ「こて絵」も参照下さい。)


P1030931-001.jpg

湾を挟んだ東西に叶(かのう)神社がある。
源氏の再興を祈願し、それが叶ったので叶神社。こちらは西叶神社。

P1030922.jpg

その社務所玄関上の壁一面が童子を描いた漆喰細工となっている。
伊豆の長八と並ぶ左官職人、三浦の善吉・石川善吉、昭和5年の作品。


P1030898-011.jpg

西叶神社を南に下ると川間町内会館。
その1階と2階の軒下に善吉の息子・市川梅尾、昭和34年の作品。
1階には、色彩が施された松竹梅と鶴亀が描かれ・・・


P1030914-006.jpg P1030913-008.jpg

2階には、頭をもたげ、眼光鋭く鳳凰が羽ばたいている。

P1030912-007.jpg

市営の渡し船で、湾の東に移る。
船着き場から近い高台に、こじんまりと法幢(どう)寺がある。
陽だまりもあって、梅の古木がすでに満開だ。

P1030943-009.jpg

本堂の正面外壁。
手前の龍の彫り物もすばらしいが、その奥の壁にご注目。


P1030940-010.jpg

岩田辰之助、徳太郎兄弟、大正15年の作。
魔よけの神獣である唐獅子が2体、左右に描かれている。

P1030936-003.jpg

何かユーモアを感じるのは私だけでしょうか。

P1030938-005.jpg P1030937-004.jpg

同じく、東浦賀の八雲神社に善吉、明治35年の作品。
(この写真のみ2011年1月撮影)
御参りする場所を向拝と言うそうだが、そこにあるので「向拝の龍」。
普通なら木を彫るところを、漆喰で・・・感嘆するばかりである。

P1020544 八雲神社の「向拝の龍」の鏝絵

どこか遠くの町に来た錯覚にとらわれるのが浦賀の町である。
赤い電車に乗ってタイムスリップしよう!
潮のかおり、歴史ただよう浦賀でワンデートリップ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ここには、友人と「ハイキング兼飲み会」の途中に立ち寄ったことがあります。
ですが、こういう知識が皆無であったため、ろくに見もしないで参拝しただけで通り過ぎてしまいました。
やはり知識は楽しみを増加させると思います。
勉強になりました。

本当にそのとおり

メイの家さんと同じく、知識なくそのまま通り過ぎていました。
なるほど、よく見れば素晴らしい造形の数々ですね。
今度は鑑賞目的で訪れたいと思います。
やっぱりハイキングも歩くだけではだめですね。

漆喰の『龍』には驚きです
何でそこに外灯を付けてんのって突っ込みたく位です
龍を見ると親近感を持つんです
辰年生まれですから(^^ゞ

Re: No title

メイの家さん、昨年だったかブログで紹介していたのを拝見しました。
浦賀は歩いて楽しい街ですね。
ぴょんな縁でこて絵に関心があります。
ちょっとした予備知識で歩くと楽しみが倍増します。

Re: 本当にそのとおり

となりのじろろさん、こて絵が残されているところは、かつて経済的に反映した地域です。
浦賀もその一つ。
でも、現在、浦賀はほとんど忘れられた土地ですね。
歴史を紐解きながらのハイキング、楽しさが倍増します。

Re: 龍

yukiさん、これ程の造形が漆喰でもできる。
職人の意地のようなものですね。
風雨にさらされ、電灯に照らされ、痛みは進んでいます。
でも、これを修復できる職人はもういないようです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック