エルトゥールル号海難事故

125年前に起きたエルトゥールル号海難事故を知っている日本人はまずいないだろう。でも、トルコ人の30%が知っているんだと。
トルコ(当時はオスマン帝国の末期)の軍艦が座礁し、500名以上が犠牲となった。その史実を描いた映画「海難1890」が上映中。
(写真:映画パンフから)

P1030724-001.jpg

座礁したのは、和歌山県・潮岬の東にある紀伊大島。(偶然にも1968年7月のバイクツーリング・コース図にその島が書かれていた。)
映画は、献身的に救助するその島民たちの姿を描く。

P1030725-002.jpg

トルコ人は親日家なのだそうだ。
一つにトルコ建国の父・アタチュルクが明治天皇を尊敬していたから、
一つにトルコの脅威だったロシアを日本が日露戦争で勝ったから、
一つにエルトゥールル号事故の際の日本の対応に今も恩義を感じているからと。

1985年、イラン・イラク戦争の際、テヘランから脱出できないでいた日本人215名を救ったのは・・・。知らなかったもう一つの事実で映画は感動的なクライマックスを迎える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エルトゥールル号海難事故

この映画は知りませんでしたが エルトゥールル号海難事故に関しては知っていました
ユーチューブでその逸話を何度も見ました 
恩義はどこの国でも忘れないんですねぇ
そうでない某国もあるようですが

500名・・・

パンフレットの絵を見る限り、木造の帆船でしょうか。
その船に500名も船員が乗船していたということですか。
超過密なクルーズだったのでは?

僕も20年位前、自転車クラブでのツーリングの帰路、那智勝浦からフェリーに乗ろうと計画していたのですが、やはり台風の接近で船が港に入れず、結局乗船できなかったので、港湾管理者の車で国鉄の駅まで送ってもらって弊々の体で帰ってきたことがありました。
台風は侮れないですね。

Re: エルトゥールル号海難事故

yukiさん、映画は日本とトルコの合作です。
2年前に安倍首相がトルコを訪問した際に約束したのだそうです。

トルコとはオリンピック誘致で競ったのを思い出します。
負けたトルコは東京にエールを送ってくれたとも聞きます。

Re: 500名・・・

となりのじろろさん、オスマン帝国末期で旧式の木造船でした。
日本親善のための航海でしたが、往路は故障続き、日本滞在中に疫病も発生し、台風の中無理して帰途に就いたのでした。

わたしは、1968年に潮岬や橋杭岩に寄りながら、バイクで通り過ぎました。
もちろん海難事故のことは現在に至るまで知りませんでしたが、トルコでは小学生の時にこの事故のことを教わるそうです。

昨日見ました

昨日仕事の帰りに丸の内東映で見ました。観客はあまり多くなかったです。和歌山の人がトルコの難破船の乗組員を救ったのは知っていましたが、船名や遭難者の数は知りませんでした。遭難の場面はすごかったですね。機関が爆発するなんでのが事前にわかるものなのですね。村の人の活躍、海に潜ってまで助けたのは素晴らしかったです。この話きちんと本で読みたいですね。エルトゥール号が帆船だったのはあの時代ではそうなのかなと思いました。
テヘランでの最終トルコの飛行機に日本人が沢山乗れたのがエルトゥール号の乗組員を助けたことをトルコの人が知っていて恩返しをしてくれたことをもう少し説明があってもよかったのでは。
トルコに行ってみたくなりました。

Re: 昨日見ました

ひろしさん、初コメントありがとうございます。
奇しくも私と同じ時期に映画をみたのですね。
機関の爆発を予測していた機関長が、対立していた将校に退艦を勧める場面がありました。
過熱した機関が水没すると水蒸気爆発するものなのでは?

飛行場での緊迫したやり取りはフィクションだと思いながら見ていましたが、実際はどうなんでしょう。
トルコの大統領が救援機を派遣する際の判断がともかく素晴らしい。
 日本の政治家もこうあって欲しい。

和歌山沖での救助のことはトルコで子供達に教えているそうです。
日本もいろいろな場面でテヘランでの事実に限らず、諸外国から救ってもらっていることが多いはずです。
でも我々はそれを感じていません。
子供の教育の大切さをしみじみと感じています。
せめてこの映画を多くの人に見てもらいたい。
トルコに行ってみたくなったのは私も同じです。

No title

主宰も観ましたか!
日航機が救出に行かなかったのは尾を引きますね。
日航機ででもいずれトルコに行ってみたいと思ってますが、
当分は避けたほうが良さそうですね。

Re: No title

青ちんさんも観ましたか。
当時は日航機はテヘランに乗り入れていなかったとのこと。
それにしても救援に行かなかったのは何か政府の魂胆でもあったのでしょうか。
その後、自衛隊法を改正して、このような事態に対処できるようになりましたが。

トルコがロシア機を撃ち落としたのにはびっくりしました。
その大統領が映画の終りに出てきて、日本との友好のスピーチをしていました。
その時には、観客の何人かは席を立ってました。
テロップが流れ終わるまで待ちたいものです。

No title

エルトゥールル号海難事故は、何かのテレビ番組を見て知ってはいました。
そのトルコも最近は、イスラム国やらロシアやらで難題続きですね。
カッパドキアを見に行きたかったですが、当分の間はやめておいた方がいいでしょうね。

Re: No title

メイの家さん、最近トルコはちょっと注目ですね。
昔からロシアとは近況関係にあったみたい。
この映画で、トルコは、一度は行ってみたい国の一つになりました。
カッパドキア、ボスポラス海峡・・・、そして親日家のトルコ人。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック