オーボエと懐かしの南太田

京急・南太田駅のすぐ近く、丘の中腹に清水ヶ丘教会が建っている。
電車からも良く見える、綺麗なモザイク模様の大屋根が際立つ建物。
そこでアマチュア楽団のオーケストラ演奏会が開かれた。


P1030630-002.jpg

今回、昔の仕事仲間がオーボエを独奏するのだ。
ヴィヴァルディ「オーボエとファゴットのための独奏曲」を。
調べたら、オーボエとはダブルリードの木管楽器。


P1030631-003.jpg

中高年の聴衆で前回同様に満席となった。
オーケストラ演奏会での独奏は珍しいそうだ。
オーボエの良く響く音色に酔いしれたといったら褒めすぎだろうか。


P1030633.jpg

終わって、駅前のドンドン商店街をぶらついた。
学生時代、1年間だけここを通ったことがある。
やはり商店街に昔の面影はない。


P1030636-006.jpg

駅のすぐ横で、京急線は道路を横断している。
それも斜めに。


P1030638-008.jpg

リベッドが打たれたこの鉄橋は独特な雰囲気がある。
特に橋脚の構造・デザインに時代を感じる。


P1030637-007.jpg

久しぶりにコンサートで会った彼女?と駅前の喫茶店に入った。
マスターに「この店はいつから?」「昭和42年です」「えっ、僕がここを通ってたのがその年!」
レトロな鉄橋を、昔のように赤い電車が走り去って行った。

P1030644-009.jpg

昔はどんどん歩いた「どんどん商店街」。
サイズは小さいオーボエだが、オーケストラでの役割は大きいことを知った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

演奏会

落ち着いた場所での演奏会
お友達の独奏
なんかいいですねぇ そんな環境に身を置く 羨ましいです

> 彼女?と駅前の喫茶店 ・・・
一寸気になります(^-^;

Re: 演奏会

yukiさん、教会は音の響きも良いのでしょう。
音楽の素養がない私でも楽しめる(眠りませんでした)アットホームな演奏会です。

音楽のあとはコーヒーとケーキで歓談。

オーボエといえば

オーボエといえば、高い柳の下の蛙さんが専門だったと思いましたが・・・

ドンドン商店街は、もう商店街と呼べないほどお店が少なくなってしまいましたね。
南太田駅は乗降客も少なくないのに、ここの住民はどこに買い物に行っているのでしょう。
もっと商店街の価値を見直してほしいものです。

Re: オーボエといえば

となりのじろろさん、ピンポ~ンです。
こんど、一緒に拝聴しませんか。

この商店街、不思議なことに駅から直結していませんよね。
もちろん大通りから行けば商店が繋がってないとも言いきれませんが・・・
少し先のフジスーパーの影響もあるでしょうが、なによりも商店主の意欲がないのでは?

No title

この教会は、毎日見ておりますが、一度も行ったことはありません。
こんなに立派な教会なんですね。
近い割には、ドンドン商店街も行ったことないです。
先日も上大岡から坂東橋まで歩いたんですが。

オーボエを演奏するという高尚な趣味をお持ちの人がおられるんですね。
私は、負け犬のトーボエなら得意なんですけど。(笑)

Re: No title

メイの家さん、教会というと何か縁遠い存在と思われがちですが、このような地域開放もしているのです。
ドンドン商店街は残念なことに駅からの連続性がないのが不利な点です。

オーボエという名前は、大きな楽器の感じがしますね。
なりは小さいが確かな存在感がありました。
トーボエをするには向いているかもしれません。

No title

Shine Haru 様

明けましておめでとうございます。
笛吹きの蛙でございます。(今度から名前を変えようかしら)
何だか気ぜわしい日が続き、ひさしぶりにお邪魔しました。

改めてご来場ありがとうございます。
我ながらこの年までよく楽器を続けられていると思っていますが、続けられるだけの環境や周りの理解があったからこそと、ありがたく思っています。

教会は御存じのとおり比較的音がよく響くので、多少まずい音でもマイルドに響くのが長所(?)ですが、今回はプロの業者に録音を頼んだので、どんな出来になっているか興味深いです。

駅前の喫茶店は、昭和の雰囲気を今に伝える貴重なお店です。時々練習帰りにお昼を食べることもあります。ナポリタンと食後の一杯。 

一部訂正

先ほどの宛名が間違っていました。

(誤)Shine Haru様→(正)Shige Haru様

勝手にスペル変換をしてしまったようです。
失礼しました。

Re: No title

高い柳の下の蛙さん、お仕事忙しくても笛吹きは続けましょう。
今回の選曲は素人でも楽しめました。
録音したとのこと。では、CDデビューを狙って?

昔ながらの喫茶店は少なくなりました。
ナポリタンは横浜生まれとか。
「いずみ」という店名の謂われは、マスターに聞き洩らしました。

Re: 一部訂正

高い柳の下の蛙さん、どんまいです。
今年も明るく輝きます。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック