浦舟水道橋

横浜最古の石橋に続いて、今号は日本最古のピン結合トラス橋。
それは、中村川に架かる浦舟水道橋。
1893(明治26)年、現在地の下流に設置された後、1989(平成元)年に安住の地を得た。


P1030498-001.jpg

歩行者専用となり、路面は板張りで気持ち良い。
籠のような空間は、上の首都高速の圧迫感を和らげる。
何と言っても赤い橋というものは、それだけで心躍る。

P1030505-003.jpg

正式には「ピン結合プラットトラス橋」という構造。
大きな鋼材の接合にピンが用いられているのだ。
素朴なと言おうか、おもちゃ感と言おうか・・・


P1030504-001.jpg

その下流側に架かるのが三吉橋。
すっきりした色合いの親柱のデザインにレトロ感がある。
渡った先に見えるマンションの2階が・・・


P1030506-004.jpg

日本で数少なくなった常設の芝居小屋、三吉演芸場。
20数年前、職場の有志達と、当時あった桟敷席を占めたことがある。
酔いが回り、芝居も見ずに騒ぎすぎて、女将にひどく叱られた。

P1030508-005.jpg

演芸場の横を抜けると、その先がかの有名な横浜橋通商店街。

P1030509-006.jpg

その中、chiiさんお薦め、キムチが美味しいという福美高麗人参産業。
オーソドックスな白菜キムチに、袋入りとカップ入りがある。


P1030513-007.jpg

袋入りはカットなしで、きょうの製造、カップ入りはカットありで昨日の製造、との説明。手がよごれないカップ入りを求めた。
そのほか、アレンジもののカップが十数種類あり。


P1030514-008.jpg

三角の組み合わせで強度を保つトラス橋。
浦舟水道橋は永遠なり。
今晩は、同じく赤いキムチをつまみに焼酎で晩酌。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

赤い橋

昔 近代的な橋
今 古風な橋?
温かさを感じますねぇ
古いものを壊さない
日本のいいところなんでしょうねぇ (^.^)

No title

この橋は、ピン結合プラットトラス橋というのですか。
当初の明治26年当時には、ピンの接合は機材はつかったでしょうが、基本的には手で絞めたのでしょうね。

横浜橋商店街付近の街並みは、昭和のまんまですね。
そのうちに昭和の雰囲気も掻き消えてしまうでしょうから、今のうちに私も写真を撮っておきたいと思っています。

地元も新鮮

コメントするのが難しいですが、改めて紹介されると新鮮に映ります。
横浜橋は県内でも珍しく、350mの通りにシャッター店舗がない賑わう商店街と報道されています。
なんでも安い庶民の味方、僕は生活のほぼ100%をここに頼っています。

Re: 赤い橋

yukiさん、そうですね昔は橋1本つくるのも大変で、この橋も時代の先端だったのでしょう。
こうした文化遺産を大切にしたいと思います。

Re: No title

メイの家さん、ピン結合の良さは何なのでしょうか。
素人なりに考えると、組立のし易さなのか?
ともかく事例はあまり多くはなさそうです。

横浜橋商店街は昔ながらの商店で本当に賑わってますね。

Re: 地元も新鮮

となりのじろろさん、作務衣を売っている店が今回分かりました。
一通りの品が手に入りますが、手作りの惣菜類が豊富なのがいいですね。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック