待望の黄金の秋です

9月24日(月)から27日(木)まで、黄金に輝く農の里で過ごした。

この黄金色の花は、キクイモ。
戦後の食糧難の時代は、この根茎、ちょうどショウガのような格好をしているが、これを食べたそうである。
もちろんおいしくない。


P1050182.jpg

もちろん今回の目的は稲刈り。

P1050184.jpg

白く見える田んぼはすでに稲刈りが済んだところ。

P1050210.jpg

ところが、マイ田んぼは全面水浸し。
週末の雨がはけ切れていない。
ちょうどモチ米(ヒメノモチ)の区画がひどく、手刈りして、排水の溝を掘った。


P1050199.jpg

こうした作業はいつものようにお母さんに助けてもらった。
こうして一定量ずつ藁で束ねる。


P1050202.jpg

お母さん「イノシシには困ったもんだ。だけんども、半分でも採れてよかったずら。」
天日で2週間ほど乾燥して、脱穀、風選となる。
その頃の丸一山荘客人には、その作業が待っていますよ!全部手作業です。半量の収穫で良かった?


P1050204.jpg

残りの部分はうるち米(ご飯になる米、ミルキークイーン)。
こちらはコンバインで刈り取りから、脱穀まで1台でやってしまう。
乾燥は里の農家に頼んで、乾燥機を使って一晩で乾燥してもらう。


P1050240.jpg

みんなで楽しい昼食

P1050209.jpg

お母さん手づくり。いつもながら、ありがとうございます。

P1050207.jpg

里の人が捕ったというクマンバチの子をお母さんが佃煮にしたもの。
気にならなければ?美味しいよ。


P1050206.jpg

でも、最後は綺麗な花で締めくくろう。
念場の畑に咲く、エキナセア・パープル


P1050192.jpg

前回も紹介した赤花のソバ。
今回、かなり色の濃いのが咲いていた。


P1050189.jpg

お母さんに、そして仲間の皆さんに助けてもらって、無事稲刈りができた。
腰のことを考えて、今年が最後の収穫です。
念場の畑を花園にすることだけは続けよう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

収穫の喜び

予告通り、稲刈りやってきましたか!
稲刈り隊のメンバー写真ぼかされてますが、
お母さんも大活躍だったんですねぇ。
黄金の実り、おいしいご飯、色鮮やかな花々・・
感無量なひと時がグッと伝わってきました!

Re: 収穫の喜び

青ちんさん、台風が直撃しそうなので早くてよかったようです。
ともかくお母さんが主役です。
これからも出演の機会が多いと思いますよ。

腰を庇って越乃寒梅…?

○ 無事稲刈りを終えられた由…しかし腰痛はひどそうです…ネ!
   小生も、A地の畑とB地の草刈を終え、同様の惨状です!
   とっても現地には参上できませんでした…悪しからず!
○ 深まる秋を感じさせる写真には、大事な助っ人という人間関係   が映って、心が温まります…人恋しい季節になりました!
○ 野菜を沢山使った料理には興味があります!
   次回の通信を心待ちにしています!
○ 腰痛には、ストレスの存在が大きいようです!
   暫らく養生され、これからも精出してください!

Re: 腰を庇って越乃寒梅…?

賢ちゃん、あなたも腰痛ですか。
農業は腰にとっても悪いです。
今回しみじみ思いました。
田んぼの草取りをしていたら、しばらく左足が動かなくなっていたなんてことがありました。

今回、田んぼ仲間、そしてバイク隊と、助っ人ありがたかったです。
ストレスは、今ないのですよ。
ともかく、あの職場から離れたので。

農業はほどほどにして、ご自愛のほどを。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック