野菜の燻製

昨水曜日、空模様を気にしながら、久しぶりの燻製づくり。
燻製器は業務用のステンレス台を再利用したもの。

P1020472-003.jpg

今回、網は3段とし、下の2段はしっかりと固定した。
最上段は、部品が足りなくて従来のままなので不安定。


P1020471-002.jpg

上から見ると、このとおり。

P1020469-001.jpg

薫材は桜の粉を固めたウッド。
ウッドに火が付けばあとは線香の様に自然に燃えていく。

P1020477-008.jpg

ウッドだと扱いが便利なうえ、比較的低い温度(今回、最高で55℃)で燻製ができる。

P1020473-004.jpg

90分後、ウッドが燃え尽きて、出来上がり。
キタアカリ(左)とデストロイヤー(右)の2種類のジャガイモ。
もちろん一旦茹でたものを燻製にしている。


P1020476-007.jpg

ほかに、野菜類としてはズッキーニ(軽く焼いたもの)と長芋(生のまま)を燻製にした。

P1020475-006.jpg

これら薫製品を使ってポテトサラダやズッキーニの味噌炒めを作った。
長芋は味噌汁の具として使った。
(手前、メカジキとピーマンのカレー風味には燻製品を使ってない。)

P1020482-011.jpg

燻製品のオンパレードは評判が良くなかった。
コテコテとした炒め物がだぶっているのも。
男の料理、文句あるか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

燻製

なんかワイルドって感じで憧れます
野菜の燻製っていいかも (^.^)

男の料理に 文句など出るはず無いでしょう !(^^)!

Re: 燻製

yukiさん、燻製って男が憧れるものですね。
何しろいぶすだけなので簡単。
ウッドとか、チップも手に入りやすくなりました。

味噌汁に薫製したものを入れるのだけはよした方が良いですよ。

懐かしい燻製

燻製器のお出ましですね。
山梨で作った燻製は半生だったり色々でしたが、野趣があふれていて美味しかったです。
卵も野菜もソーセージも、スモークされた独特の色合いが食欲をそそります。
また食べられるといいなぁ

Re: 懐かしい燻製

となりのじろろさん、丸一山荘の燻製器を改良中です。
今回は棚網のセッティングをやりましたが、ほかにも改良を重ねます。
いつか皆んなで楽しめるように。色付きの文字

No title

野菜の燻製というのは食べたことが無いです。
いろいろな食材が燻製にできるんですね。

でも評判が良くなかった・・・・・・好みは人それぞれですからねえ。
次回は捲土重来をきす、ですかね。(笑)

Re: No title

メイの家さん、私も野菜を燻製にしたのは初めてです。
家内が、薫製したポテトのマッシュポテトが美味しかったというもので。
でも燻製づくしはねえ・・・
やはり、今回の脇役のウインナーが一番美味かった。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック