梅雨入り間近

今朝は梅雨入りを思わせるような雨。
小学生も色とりどりの傘をさして登校。


P1020431-011.jpg

この時期の花をリビングの前に勢ぞろいさせた。

P1020417-001.jpg

この4月に清里ガーデンさんから戴いてきた小輪のバラが咲いた。
丈夫なようなので、大きく育って毎年庭を飾ってくれるだろう。


P1020420-003.jpg

グミが真っ赤に熟してきた。
でも、少し渋みが残っていて、ヒヨドリも近寄らない。


P1020421-004.jpg

なんといってもこの時期はアジサイ。
青く小さく見えるのが花で、白く花のように見えるのはガクで、飾り花と呼ぶ。品種名は不明。


P1020422-005.jpg

こちらには「白てまりあじさい」との名札がある。

P1020423-006.jpg

雨を含んで元気なツユクサ。

P1020424-007.jpg

ドクダミ。ツユクサ同様、植えたものではない。
昨日のTVで、中国でこの根を肉と煮込んで食べていた。
臭味はなくなるそうだ。


P1020426-008.jpg

一昨日に咲いた月下美人。

P1020418-002.jpg

これも同じ日に咲いたクジャクサボテン。
この2種の区別は良く分からない。

P1020428-010.jpg

関東の梅雨入りは間近。
本当に日本の季節の変化は目まぐるしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

農家は雨を欲しがっています 異常な雨はいりませんがねぇ
子供たちの差すカラフルな傘に和みを感じます
昔 我が家にもぐみの木が2本ありました 今はありません
小さい頃よく食べました 食べ過ぎるとお尻が詰まると言われたものです

Re: 雨

yukiさん、私も畑に適度の湿り気が臨みです。
5月は乾燥しすぎました。

グミを種ごと食べたのでしょうか。
それならお尻も詰まるかもしれませんね。

傘と花と

ベランダの花も、同時期にこれほど多彩に開くのですね。
ピンクに白に紫に。グミの真紅も混じってとてもきれいです。
まさに上から見る傘の集団のよう。

Re: 傘と花と

となりのじろろさん、たまには花で日ごろのウサを忘れるのもいいのでは。
傘の花も最近カラフルです。
渋谷辺りに行けばもっと綺麗なことでしょうが。

No title

いよいよ梅雨入り間近となりましたが、これだけ沢山の鉢があると水やりが大変でしょうね。
私なら直ぐに枯らしてしまいそうです。(笑)

グミの実をヒヨドリも食べないのですか、近頃では鳥までがなんと贅沢になったことやら。
私は子どもの頃に庭にグミの木があり、かなり食べましたよ。

四季折々に花が咲く、これが日本の良さですが、最近は二季になりつつあるような感じです。
夏の暑さが今から思いやられます。

Re: No title

メイの家さん、泊りがけの旅行の時が問題です。
このグミ、食べた後に少し渋みを感じるせいかな?
それにしても鳥は美味い物を良く知ってます。
気持ちの良い季節はあっという間に過ぎてしまいました。

No title

こんにちは
ご無沙汰いたしております
いつもありがとうございます。

アマリリス、、月下美人寒いと育たないので写真を見せていただいて楽しみます。
バラ元気に開花しましたね
大きく育ちフェンスを埋めてくれます
コンパクトに剪定しても咲き放任して大きくしても咲くいい子です
名前はキングです。

清里は今年バラもいろいろな植物の開花が早いです。蛍が飛ぶのも早いかもしれません 蛍のあかり、見にいらして下さいませ


Re: No title

アプリコットさん、いつも植物指導をありがとうございます。
キングローズは今でも咲き続けています。
庭のフェンスに絡ませようかと考えています。

蛍は、学生時代に野辺山での合宿で見たのが初めてでした。
でも翌朝、農薬散布ヘリが飛んでいるのを複雑な気持ちで見ました。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック