イングリッシュガーデン

フレンチやイタリアンはあってもイングリッシュは無いのが、料理。
イングリッシュはあっても、ほかを聞かないのが、ガーデン。
横浜・平沼橋、ガスタンクの傍に横浜イングリッシュガーデンがある。

P1020147-041.jpg

横浜中心部にホッとする緑の空間が広がる。
バラクラガーデンとして出発し、現在は地元テレビ局の経営となった。
1200種、1700本のバラが植えられている。

P1020120-016.jpg

つるバラのアーチ、花で埋め尽くされるにはあと2週間くらいか。

P1020121-017.jpg

今回は、ある有名な園芸研究家のトークショーがお目当て。
陽射しが強くて、皆さん木陰に椅子を移動させて・・・

P1020143-037.jpg

吉谷桂子(よしやけいこ)さん。
英国での経験ももとに、「こだわりの植物からファッションまで」と題して、花の配色の妙などを語った。

P1020145-039.jpg

この時季、すでに早咲きのバラが咲いている。
バラには女優の名前が多い。
赤い花の「イングリッド・バーグマン」


P1020133-027.jpg

うすピンクの「オードリー・ヘップバーン」。
好きだなあ、ヘップバーン。
ジェラードは無かったので、かき氷で我慢した。

P1020131-025.jpg

純白の「プリンセス・オブ・ウェールズ」
ウェールズ公(チャールズ皇太子)の妃だった故ダイアナを指すバラ。
ダイアナの死の翌年に作出され、売却益の一部は英国肺病基金に寄付されているという。

P1020106-005.jpg

英国は王女誕生で湧いている。
シャーロット・エリザベス・ダイアナと、重々しい名前がついた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フィッシュアンドチップス

確かに英国料理は聞きませんね。
フィッシュ&チップス・・・ 国民食といえば聞こえはいいものの、食に執着しない英国人気質(粗食好き?)の象徴のようなイメージがあります。
でも、花で庭を飾る習慣は、盆栽や和風庭園など日本の伝統文化と重なるところがあって、共感がもてます。
緑の空間、いいですね。

みどりのその

初夏ですねぇ
みどりのそにに映えるバラの花
気持ちが洗われますねぇ(^.^)

No title

えっ、平沼橋のガスタンクの傍に横浜イングリッシュガーデン??
こんなところがあることを全く知りませんでした。
素晴らしいところですねぇ。
今度、向ケ丘遊園の跡地のバラ園に行こうかと思っていたのですが、方針を変更し、是非ともここに行ってみたいと思います。

Re: フィッシュアンドチップス

となりのじろろさん、英国人は住環境を大切にします。
外から見えるように庭に花を植え、それが住民同士のコミュニケーションを深めもします。
その点、日本の庭園は、中に入らないと見えない作りになっています。

Re: みどりのその

yukiさん、バラは誰からも愛される花です。
そのバラの満開の季節が当地ではもうすぐです。

Re: No title

メイの家さん、横浜駅から無料の送迎バスがあります。
TVKハウジングと同じ敷地と言った方が分かりやすいでしょう。
ここの特徴は、植え方にあります。
写真でも伺い知れますが、余所のバラ園では見たことがありません。

行ったことがあります

Shige Haruさん、私もこの横浜のイングリッシュガーデンは訪ねたことがあります。まだ、「バラクラ」のときでしたか。

吉谷桂子さんの講演は、勉強になりますね。知識と経験が凄いです。

頂いた「デストロイヤー」を植えつけました。

Re: 行ったことがあります

山栗さん、横浜もご存じとは恐れ入りました。
バラクラ運営の時は、植栽が横浜の気候に合わなかったようです。
現在は、私が入学しようとして断念した大学を出た方をスーパーバイザーにして、バラをふんだんに用いたガーデンづくりをしています。

デストロイヤーがそちらの気候に合うと良いのですが。

英国庭園

毎日の通勤でガスタンクをみておりますが、ガーデンがあるとは知りませんでした。薔薇の見頃は無理としても是非行ってみたと思います。先日は取り込んでおり大変失礼いたしました。

Re: 英国庭園

青ちんさん、朝の電車ですと、ガスタンクの近くに住宅展示場があり、一部が見えるのではないでしょうか。
話は違いますが、青ちんさんは記念すべき10000人訪問者のニアピンのようです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック