オーナー家のルーツ

甲府盆地は、いま街路樹のアメリカハナミズキがまっ盛り。
あまり大木にならず、花がきれいなので最近あちこちで植えられるようになった。

P1010921-001.jpg

笛吹川フルーツ公園に登る道沿いも、アメリカハナミズキ。
その後方、斜面のブドウ畑には白い花が・・・

P1010917-005.jpg

と見えたのは、ブドウの新芽に被せられたビニール袋。
こうすると、芽が早く動き、早く花が咲く。促成栽培の一種。

P1010920-007.jpg

とあるお寺では枝垂れ桜が花の吹雪を散らしていた。

P1010940-008.jpg

丸一山荘の玄関先も春の花で彩られていた。
山荘オーナーであるお母さんの手入れの賜物。


P1020005-003.jpg

翌朝、お母さんに連れられて近くのスギ林へ・・・

P1010993-001.jpg

林の中でシイタケを原木栽培しているのだ。

P1010996-004.jpg

林の入口の「藤原氏発祥之碑」。お母さんの一族が建てたもの。
15世紀中ごろ、戦に敗れ、この地に住みついたと、記されている。

P1020002-001.jpg

山荘の住人は、朝食抜きで検査のため病院へ。
シイタケのお土産、ガーデナーの友人から戴いた花の苗、そして2年前に仕込んだ味噌樽を乗せて帰路についた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お母さん

笑顔がステキなお母さんですねぇ
原木しいたけ さっと焼いて醤油掛けて
堪んないです 酒が欲しくなります (^.^)

久し振りの甲斐

本題の農の里だよりいいですね~
おかさんもお元気でなによりですね~
温泉便りが少なくなったのがちょっと気になりますが。

いいなぁ

八ヶ岳南麓農の里。本領発揮で、いいですね・・・
羨ましいです。行きたいなぁ

No title

ハナミズキ街道、そして枝垂れ桜に石仏、絵になりますねぇ。
我が家にも白い花のハナミズキがあり、満開になりました。
お母さん、昔の我が母のようです。
こんな格好で農作業をしていました。

No title

甲府はやはり、遅いのでしょうか?
自然が美しい〜〜。
空気が綺麗〜〜。
写真から感じてしまいますよ。

Re: お母さん

yukiさん、元気で会話も楽しいお母さんには本当にお世話になっています。
自然に近い状態で育っただけに美味しいシイタケです。
醤油がジュッと焼けた香り、堪りませんね。

Re: 久し振りの甲斐

青ちんさん、やはりこの記事をたくさん載せたいです。
おかげさまで温泉には毎月行っていますが、なかなか父の出番はありませんね。
でも遠出の記事は大体が温泉巡りの一環です。

Re: いいなぁ

となりのじろろさん、なかなかご期待に添えなくてすみません。
農の里では種モミの芽が出ないと言って気をもんでいました。
知っている里のご老人が、何人か入院していました。

Re: No title

メイの家さん、甲府盆地は花盛り。
ハナミズキはこれからも街路樹としても増えていくでしょう。

ほんの10分程度の作業でしたが、準備万端滞りなく・・・
お母さん達の姿勢には感心します。

Re: No title

kazuさん、今回、甲府盆地の山裾を走ったこともあり、少し季節が遅いようでした。
懐かしい景色の中、花を満喫できました。

No title

久々の農の里便り
もう少ししたら田植えが始まるのでしょうね、お母さんは相変わらず元気な様子何よりです。温泉便りも結構ですが八ヶ岳の景色を連想できる農の便りは格別です、想い出に浸っています。

Re: No title

くろべーさん、お母さんは身軽になったので、旅行なども楽しんでいます。
第2の青春と言ったところでしょうか。
ブログタイトルどおりの記事でないと訴えられかねませんね。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック