アマリリス

アマリリスという花をご存じでしょうか。
アマリリスというと、小学生のたて笛の曲名でも知られる。
リビングに置いていた鉢植えのアマリリス。4日前の状態。

P1010790-001.jpg

その日の夕方には蕾がほころびかけてきた。

P1010791-002.jpg

その翌日。1本の花茎に4つの花がついているのが分かる。

P1010802-003.jpg

昨日。蕾がかなり膨らんだが、まだ口?をギュッと結んだまま。

P1010814-006.jpg

かと思ったら、見ている間に蕾が割れた。この間はダイナミック!

P1010812-005.jpg

そして、きょう完全に開花。
大好きな熊本電気鉄道の青ガエル君のDVDをバックに・・・

P1010818-007.jpg

P1010819-008.jpg

5,6年前に1球だったアマリリスが今や10球くらいに殖えた。
外に置いた鉢や畑に植えた球は、まだ蕾の気配すらない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アマリリス

アマリリスと言うとやっぱり小学校で習った歌の題名
花の色や多たちは思い浮かべません
ここの写真で覚えました
でもきっと 忘れると思います (^-^;

Re: アマリリス

yukiさん、私も小学校の時の歌、それもたて笛で習ったと。
でも、調べると「NHKみんなの歌」に登場したのが1968年としか出てこないのです。
もしかしたら、息子たちの小学校の時に、覚えたのかもと自信が無いのですよ。

No title

家のアマリリスは室内においてあるせいか先週開花し
もう終わってしまいました。
ダイナミックで大好きな花です。
旦那が球根を洗い植え替えたら今年は見事でしたよ。
でも、球根を増やすことができると知って
どうやるのか教えてほしいそうです。
よろしくお願いします。

ユリと見紛う

ずっと前ですが、アマリリスが花屋に飾られているとき、ユリと間違えてしまったことがあります。
大輪のものなら判別できたのですが、そこにあったのは薄ピンク色の比較的な小ぶりのもの。
知ったかぶりが露見して恥ずかしい思いをしました。
でも、きれいな花ですね。

Re: No title

なおちんさんのお宅でも咲きましたか。
そのアマリリスは鉢に植わっているのだと思いますが、おそらく葉がまだ大きくなっていないと思います。
つまり、まだ根が伸びていない状態だと思います。
そこで、すぐ地面か大きなプランターに植えて根を十分に張らせて育てます。
そうすれば、脇についてくる小さな玉も大きくなります。

Re: ユリと見紛う

となりのじろろさん、アマリリスというと大輪ですね。
われわれが普通にアマリリスと呼ぶこの種類とは別に、確かに小ぶりのアマリリスの仲間があるそうです。
むしろそっちが本来のアマリリスとか。
でも、でっかいのはアマリリスで、小さいのはユリでいいじゃないですか。

No title

確かに、♪し、ら、べ、は、アマリリス、という曲を小学校の時に歌った記憶があります。
そういえば、十年以上前のことですが、ガーデンニングの店に球根が売っていたので購入し、植木鉢に植えて数年間は楽しんでいましたが、今の家に越してから、花壇に植え替えました。
2~3年は花を咲かせていたのですが、その後全くダメになってしまいました。
花壇が芝生におおわれて、手入れをしなかったもので、可哀そうなことをしてしまいました。

Re: No title

メイの家さん、この歌、このフレーズしか覚えがありません。

アマリリスは丈夫で育てやすい花です。
何よりも巨大な花が魅力で、最近はいろいろな品種が開発されているようです。
ブログの花は昔ながらの色模様です。

No title

Shige Haru 様
こんにちは
きれいに咲きましたね
アマリリス好きな花でもあります。 
清里のハウスの中で凍死してしまいまして
可愛そうな事をしてしまいました
ハウスの中なら大丈夫かな?と思っていたので
東京では外で冬越し出来るので大丈夫だと思っていたのが考えが甘かった・・
純白とピンク色の美しい花だったのに・・・です
室内に入れてあげればと今頃後悔であります

Re: No title

アプリコットさんのネームでは初コメントですね。
清里のハウスではいろんな植物が越冬しているようですが、アマリリスはダメですか。
ダリアはお近くの農の里の畑で越冬しましたが、それより弱いのですね。

アマリリスのピンクは見たことがありません。
さぞや見応えがあるのでしょう。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック