葛川に沿って

JR二宮駅から中井の畑まで、葛川に沿って歩いて向かった。
二宮の旧市街地では、こんな木の橋が架かっている箇所も。

P1010540-002.jpg

川沿いに二宮の名産品・落花生を炒って売るお店。

P1010542-003.jpg

防音塀で囲われた新幹線と交差。
それにしても、もうちょっとペンキを塗るとか・・・

P1010525-001.jpg

県公社がその昔開発した団地の近くは川沿いに桜並木。
ライトアップの機材(写真手前)が昼間は不格好。


P1010651-004.jpg

この先は急に農村の色合いが濃くなる。

P1010672-007.jpg

コガモの家族と、嘴が黄色いのでダイサギ又はチュウサギ。
葛川も最近水質が良くなった。


P1010481-013.jpg P1010665-006.jpg

飛び立ったところを、パシャリ。あれー・・・

P1010667-005.jpg

中井町に入って、茅葺きの家。川沿いでは唯一。
真っ白な障子が見えたので、現役のようだ。


P1010687-008.jpg

そして水源の一つとなっている厳島湿生公園に到着。
白いビルは、医療器具メーカー・テルモの本社(中央)と研究所。
ここで一休み。マイ畑まではあと10分ほど。

P1010700-009.jpg

P1010705-012.jpg

葛川は小さな河川だが、河岸段丘が発達している。
これは、表丹沢からの水無川がその昔、ここを流れていたからと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

木の橋

木の橋って珍しいですね
歩行者専用ですか?
自転車はすれ違えないように見えます

Re: 木の橋

yukiさん、人が一人やっと通れる橋です。
たいした高さではないのですが、結構スリルもありました。
偶然出くわすと嬉しいもんです。

No title

この新幹線の防音塀はいただけませんね。
劣化して線路に落ちてきたら、大参事です。
リニアに金を掛けるので、ここまで手が回らないのかな。

土蔵といい茅葺きの農家といい、この辺りはまだ農村風景が濃厚に残っていますし、花見にもいいところですね。
田舎育ちの私にとっては懐かしい風景でもあり、これからも保存していって欲しい風景です。

まず歩かない川べり

葛川というのですね。地元民でもなければまず触れることのない小川、あるいは用水なのでしょう。
でも水鳥の営みがあり、桜の枝が落ちていたり、趣はあるのですが、しっかり護岸されているところが残念。
川の縁まで家が建っているようで、やむをえないことではありますが・・・

Re: No title

メイの家さん、このサビた状態はずっと以前からなのですよ。
新幹線ではほかに見かけないのに。

中井町に惚れて、結婚当初の8年間を過ごしました。
横浜まで通うのはちょっと大変でしたが。
でも、当時7~8軒くらいはあった茅葺きが今はこの1軒だけとなりました。
牛舎も見かけなくなりました。

Re: まず歩かない川べり

となりのじろろさん、葛川は環境基準も設定された河川ですが、地元民以外には知られていないでしょうね。
でも、西湘バイバスの大磯IC、つまり大磯ロングビーチの処で海に注ぐ河川と言ったら分かるでしょうか。

全域がコンクリートの2面張りですが、3面張りでないのがまだ救いです。
川べりに住宅が貼りついていて、沿っては歩けない処があったのは残念でした。

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(o≧∇≦)o

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりましたd(^^*)不思議と心惹かれたんです。
Shige Haruさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(`▽´)

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。

Re: はつよろです♪

リレモンさん、何かお困りのご様子。
でも深刻な相談ごとは、私では役不足。

こんなブログでもファンとは嬉しい限り。
何かお役にたてられるならさらに嬉しいです。
ブログ記事をとおしてぺちゃくちゃやりましょう。

プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック