路地裏探検隊

前号でお知らの「限界集落株式会社」第1回放映、いかがでしたか?

今朝は「いそご路地裏探検隊」に初参加。
磯子ケアプラザを出発すると、路地裏に遊歩道が・・・
禅馬川に蓋をしたもの。


P1000975-014.jpg

産業道路に出ると歩道に古いコンクリート柱。
浜マーケットが近いこの辺り、歴史の匂いがプンプンする。


P1000967.jpg

その浜マーケットを突っ切って、住宅街の中。
参加者からの進言で、道とは思えない超狭い路地を通る。

P1100207-001.jpg

住宅街の中にぽっかり空き地があり、異質なほどでかい樹。
その足元に・・・


P1100214-00500.jpg

「無縁塚」と書かれた石。
いつの頃か、無縁仏を集めて祀ってきたものらしい。
行き倒れ人なのか、はたまた・・・


P1100213-crop_20150201214743652.jpg

こちらはお堂のような建物。
雨風が吹き込みそうな作りであるが、中には立派な社が鎮座。


P1100217-008.jpg

掘割川を渡る。
冬の柔らかな陽射しを浴びて、水面がキラキラと輝く。


P1100227-017.jpg

根岸の崖裾に、恐ろしいほど立派な門構えの家。
桜の頃、庭を開放して地元の老人を接待するというお宅かと思われる。

P1100232-021.jpg

最後は、昔の豪商の家「柳下家住宅」を見学。
富士山や丹沢の雪景色に皆さん感嘆の声をあげた。
「この水琴窟、水と金にしか鳴らない」に、一同爆笑。


P1100248-035.jpg

解散後、再び浜マーケットに戻った。
屋台のお好み焼きと、名物の三角コロッケを購入。
マーケットの中のお休み処で、買い物客を横目に至福の時。

P1100252-038.jpg

案内してくれたのは、地元のお茶屋さんのご主人。
主催のケアプラザの皆さんには、交通安全に気配りも戴いた。感謝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

路地裏

路地裏はめったに歩きませんよねぇ
昔から当たり前にあるものを見つけ感動したり・・・
それにしても抜けるような青空の下を散策するのは気持ちがいいでしょうねぇ
ナイスです (^.^)

No title

路地裏大好きな私には、もう、たまりませんね。
これは道?それとも、よその家に行く敷地?
次の角を曲がったら何が見えるの・・・
な~んか小学生に戻ったみたいで、ワクワクドキドキです。
そして、以外なものを発見したりして・・・
地図には見えなかったもの。自分の人生みたい・・
いいなぁ~
私も参加したかった!!

坂下橋

限界集落・・・は、N○K特有の芝居作りのせいか、やはり2話以降に期待したいと思います。

いそご路地裏・・・も、最後は中区に入っているのはご愛嬌ですね。
坂下橋界隈は、寺社や旧家が数多く残る貴重な土地だと思います。立派な門は2軒続いていたのでは?
最初は寺かと思いました。(奥に墓標のようなものが続いていたので。)
実は偶然にも、職場で配給された万歩計の歩数を稼ぐため、先週の土曜日にまさにここを歩いたのでした。

浜マーケット、応援のため行かないといけませんね。

Re: 路地裏

yukiさん、実は昔から路地裏に限らず、知らない街をほっつき歩くのが趣味なのです。
でも、今回のように群れて歩くのは初めてでした。
それだけに、近所でしたが知らない路地でいろいろな驚きに出会いました。

Re: No title

なおちんさんも路地裏が好きとは知りませんでした。
電車で適当に途中下車して、適当に路地に入る。
昔のコンクリート製のごみ箱に植え木が植えられていたりなんてに出くわすと、儲けたような気がします。
行き止まりですごすごと引き返す・・・結構多いです。
でも、最近はどこも塀をしつらえた新しい住宅ばかりなのが残念。
今回は、自宅の近所でしたが、予想以上の収穫でした。

Re: 坂下橋

となりのじろろさん、限界集落、単に「あ、この曲がりくねった坂道、丸一山荘に向かう道ジャン。」って、いう乗りで見ています。
放送のあった直後の21時から22時台に私のブログに18人もの訪問があったのは何なのでしょう。

確かに立派な門が2軒続いていました。
お誘いすれば良かったですね。

お宅の近くのマーケットにはかないませんが、闇市の雰囲気(本物は知りませんが)はこちらが数枚上です。
応援よろしく。

No title

路地裏探検隊、なかなか面白うそうなイベントですね。
指摘され開設されないとなかなかわからないものもありますし、路地裏で変にうろうろしていると、犯罪でも企てているんじゃないかと怪しまれます。(経験あり)
私も参加してみたいです。


Re: No title

メイの家さん、路地裏探検はコストパフォーマンスが高いです。
柴の路地裏なんぞ、超一級品だと思います。
確かに、ひとりだと思いきって踏み込めないような路地ってありますよね。
今度、探検隊を組みたいです。
プロフィール

Shige Haru

Author:Shige Haru
●小学校3年生のときの理科の宿題が「季節のたより」
●何の花が咲いた、何の鳥が鳴いていた、初カツオを、あるいはイチゴを食べた・・・と日記風に書き記した。今と違って食材にも季節が感じられた。
●そんな季節を感じられる便りを、八ヶ岳南麓の里と横浜の自宅から、お伝えしていきます(故あって、今しばらくは自宅からが主となっています)。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
訪問者数
お知らせ
<コメントをお送りください>
●各記事の末尾(スポンサーサイトの下)に「コメント:数字」があり、これをクリックすると投稿欄が出てきます。
●お名前(適当に)と本文を書いて、簡単な数字の入力が求められ、あとは送信ボタンを押すだけ。ご自身のアドレスなどの欄は空欄でOK。
●コメントはどうも・・・という方は、拍手のボタンを押してください。ブログを立ち上げなおすと、拍手の数が増えたのが確認できます。
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック